一般企業法務

 「一般企業法務」又は「ジェネラル・コーポレート」と呼ばれる業務は、企業法務に従事する弁護士にとって、もっとも基本的な業務ですが、弁護士が、単に法律問題の分析や法律文書の作成のみならず、依頼者のニーズに応じた戦略的な提案や事案に即した適切な解決方法を提案するには、多様な経験とノウハウが必要になります。
 当事務所では、各種業界について様々な法的助言の経験とノウハウを有する弁護士が、依頼者において日常的に発生する具体的な法律問題について、法的分析のみならず、紛争や様々な問題点に関する解決手法の提示、新しい企画・プロジェクトに内在する問題点やその解消方法の指摘に加え、前向きな戦略のご提案まで、依頼者のニーズに即応したきめ細かいリーガルサービスを提供しています。
 国内(インバウンド)案件では、売買基本契約・販売代理店契約・業務委託契約・ライセンス契約・フランチャイズ契約等の日常的な取引契約、株主総会・取締役会の運営、コーポレートガバナンス、その他企業を取り巻く各種法令に関する助言や、海外企業に対する日本法の助言等を行っています。また、各種登記、官公庁等への届出・登録、会社・法人の設立や事業の立ち上げに関する各種手続、定款その他の社内規程の整備・各種議事録の作成など、日常の事業活動において生起するあらゆる法律事務を取り扱っています(「コーポレートガバナンス・株主総会」も参照。)
 渉外(アウトバウンド)案件では、国内企業の海外進出・海外投資その他の国際取引に関する助言、許認可取得、設立手続、英文の取引契約その他各種契約の作成・交渉まで、依頼者にとって日常的に必要なあらゆるリーガルサービスを提供することが可能です。当事務所は、上海に現地拠点があるほか、世界の主要各国の複数の有力な法律事務所と協働経験があり、こうした海外ネットワークを駆使して、渉外案件について迅速・的確なサービスを提供しています(「国際契約」も参照)。

お問い合わせはこちら

一般企業法務に関する他の執筆情報一覧を見る

MORE

一般企業法務に関連するセミナー情報一覧を見る

MORE

ページTOPへ