欧州

 日本企業は欧州において古くから企業活動を行ってきていますが、EU法と企業買収に関連した各国の規制を中心に、欧州法の重要性は今後もますます高まってくると思われます。
 EU法は、日米と比較して厳しい規制を行うことがしばしばあり、また、欧州市場統一の要請、社会的観点からの規制といった点にも特色がみられます。最も問題となることの多い競争法だけではなく、環境法、個人情報・データ保護法制といった法分野でも、欧州での留学・実務経験のある弁護士を中心に、欧州委員会、欧州の弁護士や欧州企業の実務・スタイルをも踏まえての助言・サポートを行っています。
 ヨーロッパ各国の企業買収においては、企業買収マーケットの成熟化により、大規模な買収に加え比較的小規模な企業買収も盛んになってきています。買収対象企業の事業内容や規模等に即して、グローバルな法律事務所はもちろん、各国ローカルの法律事務所と連携することにより、より適切かつ効率的な法的サービスの提供が可能となる体制をとっています。

お問い合わせはこちら

ページTOPへ