不正競争

 不正競争防止法は、周知・著名商品等表示の無断使用行為、商品形態の模倣行為、営業秘密の不正取得・使用・開示行為、ドメイン名不正使用行為、営業誹謗行為等の多様な行為を不正競争として規律しています。不正競争防止法は、不正競争行為を規制することで信用や営業秘密等を保護しようとするものであり、業種・業態を問わず留意すべき行為規制であるといえます。
 当事務所は、周知・著名商品等表示の無断使用、商品形態模倣、営業秘密の不正使用、営業誹謗行為等の不正競争が問題となる紛争についてのアドバイス、交渉、訴訟追行を数多く手掛け、注目裁判例を取得してきた実績を有するほか、不正競争防止法注釈書の執筆に関与した弁護士が在籍しており、豊富な経験を有する弁護士が各種の不正競争事案に的確に対応致します。
 また、当事務所では、不正競争に関する紛争事案のみならず、自社の秘密情報が営業秘密として適切に保護されるための社内における情報管理に関するアドバイス業務も手掛けており、依頼者の実情に応じた適切な秘密情報管理体制の構築のサポートも行っています。

お問い合わせはこちら

不正競争に関連するセミナー情報一覧を見る

MORE

ページTOPへ