ベンチャーキャピタル・ベンチャーファイナンス

 当事務所は、ベンチャー企業に投資するベンチャーキャピタリスト・ベンチャーキャピタルファンドに対し、様々なリーガルサービスを提供しています。
 ベンチャーキャピタルファンドの法形式には、投資事業有限責任組合、民法上の組合、有限責任事業組合、海外のリミテッドパートナーシップ等がありますが、当事務所では、ファンド組成に関するスキームの検討、契約書の作成や投資家との交渉まで幅広いサポートを行います。また、ファンド勧誘・運営にかかる各種届出、行為規制対応や監督対応についての助言も行います。
 ベンチャー企業への投資の側面においては、それぞれの投資ステージに応じて、普通株式、優先株式、新株予約権付社債等を活用した各種投資スキームの検討、投資先のデュー・ディリジェンス、投資契約書・株主間契約書の作成・交渉その他の投資サポートを行っています。
 また、皆様からのご依頼に基づき、投資先ベンチャー企業の業務についても、契約書作成・体制整備などの法的支援や、社外役員の就任等によるハンズオン・モニタリングのサポートも致します。さらに、ストックオプション等のインセンティブプランの策定や、IPOやM&Aによるエグジット戦略に対するサポートなど、ベンチャー企業の運営に特有の法律問題についても対応いたします。
 当事務所の弁護士の強みは、訴訟・紛争解決にもあります。万が一、ファンド投資家や投資先企業との間に紛争が生じた場合でも、平時の担当弁護士が最後まで寄り添い、紛争解決・交渉まで一貫してサポートいたしますので、安心してご依頼ください。

お問い合わせはこちら

ベンチャーキャピタル・ベンチャーファイナンスに関連するセミナー情報一覧を見る

MORE

ページTOPへ