人事・年金・福利厚生制度

企業は、激しく変化する競争環境に対応するために常に変化していくことが求められており、人事制度(年金・福利厚生制度を含む)も聖域化はできません。しかし、法律上、人事制度の変更が労働者にとって不利益となる場合に、これを制限する法理があります。
 当事務所では、企業が法令を遵守しながら人事制度を変更するために、法令及び実務に配慮したアドバイスを行っています。
 また、企業再編時には、人事制度のみならず年金制度や健康保険制度でも統廃合が必要となるケースが珍しくありませんが、当事務所では、これらの実務についても対応しています。
 その他、当事務所では、人員整理計画における労働問題に関する相談業務、企業年金制度改革の相談業務等も日常的に行っています。

お問い合わせはこちら

人事・年金・福利厚生制度に関する他の執筆情報一覧を見る

MORE

人事・年金・福利厚生制度に関連するセミナー情報一覧を見る

MORE

ページTOPへ