オフィースフォーティーズ 企業法務シリーズ 中国民商法の理論と実務[113] 中国の人民法院が無効と判断した仲裁条項が有効であることを前提に出されたICC仲裁判断について、泰州市中級人民法院が中国本土・香港間仲裁判断相互執行協定に基づく承認・執行を拒絶した事例

著者等: 高槻 史 多田 慎
書籍名・掲載誌:JCAジャーナル(第64巻第7号)
出版社等:一般社団法人 日本商事仲裁協会
取扱分野: 国際仲裁 国際的紛争解決 国際的紛争解決 アジアデスク 香港
出版日: 2017年07月10日

高槻 史 に関する他の執筆情報

2019.12
中国案例百選第274回 北京奇虎科技有限公司がテンセント社およびそのグループ会社が行った措置に対して市場の優越的地位濫用に該当するとした差止及び1.5億元の損害賠償を求めた事件
2019.09
中国ビジネスにおける広告表現の留意点
2019.05
中国における外国・渉外仲裁判断の承認執行の事例研究 第27回 会社登記機関における調査をしなかったことが、最後に知れたる住所地の調査が不十分であり、渉外仲裁裁決の不執行事由に該当するとして不執行の裁定をされた事例
2018.12
オフィースフォーティーズ 企業法務シリーズ 中国民商法の理論と実務[130] 中国における広告・不当表示規制
2018.04
中国における外国仲裁判断の承認・執行の事例研究 第14回 仲裁合意の準拠法について指定していない場合の仲裁合意の効力についての判断は、ニューヨーク条約第5条第1項(a)に従い仲裁地の法律に基づいて行うべきであるとした事例
2017.12
中国案例百選第250回 商標権等侵害警告書の送付等が不正競争行為として違法とされ損害賠償請求が認められた事例
2016.11
中国ビジネス法務の最新事情 第50回 クーリングオフ制度の充実に向けて
2016.08
中国案例百選第234回 中国国内企業同士を当事者とする中国内取引に関する外国仲裁裁決の承認・執行が認められた事例
2016.03
中国ビジネス法務の最新事情 第43回 中国独禁法リニエンシーガイドライン及び承諾制度ガイドラインの草案について
2015.11
中国案例百選第225回 オンライン・バトルゲームの対戦試合映像についての著作物性が否定された事例
2015.08
中国ビジネス法務の最新事情 第36回 アドホック仲裁と中国の仲裁実務
2015.05
講演録「中国における仲裁実務の問題点」セミナー(2)第2部 パネルディスカッション
2015.04
講演録 「中国における仲裁実務の問題点」セミナー(1) 第1部 講演「CIETAC上海に関する仲裁条項の問題点と実務」
2015.02
外国仲裁機関が中国国内を仲裁地として仲裁を行うという仲裁合意は有効か
2014.11
中国案例百選第213回 インターネットショッピングモールにおける商標権侵害商品の販売について,ショッピングモール経営者の責任が認められた事例
2014.11
中国ビジネス法務の最新事情 第29回 中国におけるコンプライアンス違反リスクと処罰の動向〜GSK中国の商業賄賂事件・530億円の罰金〜
2014.03
「中国ビジネス法務の最新事情」第22回 中国の登録資本金制度改革
2014.02
オフィースフォーティーズ 企業法務シリーズ 中国民商法の理論と実務74 中国における債権回収と裁判所の情報公開
2013.08
「中国ビジネス法務の最新事情」第15回 CIETAC分離独立問題の最新事情
2013.03
中国案例百選193 アップル社のiPad商標権権利帰属確認請求が棄却された事例
2012.11.10
「中国ビジネス法務の最新事情」第8回 最高人民法院による第三次指導性案例の公布について
2011.12.15
中国案件百選178 株主による株主権の濫用について損害賠償請求及び不当利得返還請求等が一部認容された事例
2011.06.15
〔特集 中国独占禁止法の執行状況について〕 中国独占禁止法における実務上の留意点について
2010.12.25
中国ビジネスにおけるリーガルリスク −近時の傾向と監査役としての留意点

MORE

多田 慎 に関する他の執筆情報

2019.12
国際法務概説
2018.06.22
Japanese Supreme Court Provides Guidance on Arbitrator’s Duty to Disclose a Potential Conflict of Interest in an International Arbitration
2018.06.15
[新連載]ICC仲裁実務解説〔2〕(国際商事法務 (Vol. 46, No. 6, 2018))
2018.05.15
[新連載]ICC仲裁実務解説(国際商事法務 (Vol. 46, No. 5, 2018))
2017.11
国際ビジネスハブとしての香港の法制度 その2
2017.04
国際取引法研究の最前線 第56回 2017年ICC仲裁規則の改訂とその意義 (国際商事法務 (Vol. 45, No. 4, 2017))
2016.12
【連載】Brexitは日本企業にどのような影響を与えるか:第3回 離脱交渉のゆくえと規制法への影響(1)
2016.12
“Arbitral Award Set Aside by Osaka High Court for Arbitrator's Failure to Disclose Potential Conflict of Interest” (利益相反該当事実の不開示を理由に仲裁判断を取り消した大阪高裁決定について)
2016.12
緊急仲裁人手続に関する最新動向〜紛争解決の実効性を高める上で利用可能な暫定措置取得手段
2016.10
【連載】法律家がBrexitの渦の中でみるもの:EU離脱への針路を探る(第2回・第3回)
2016.09
【連載】Brexitは日本企業にどのような影響を与えるか:第2回 最新動向と契約実務の留意点
2016.05
実務解説 英国がEUから離脱した場合の実務への影響
2016.03
Electronic Documents in International Arbitration: Recent Developments and Challenges (国際仲裁における電子文書の取扱い)
2014.07
2014年JCAA仲裁規則の改正と実務上の留意点
2014.04
法律のツボ ハーグ条約で元の国へ

MORE

アジアデスク に関する他の執筆情報

MORE

国際的紛争解決 に関する他の執筆情報

2019.05
中国における外国・渉外仲裁判断の承認執行の事例研究 第27回 会社登記機関における調査をしなかったことが、最後に知れたる住所地の調査が不十分であり、渉外仲裁裁決の不執行事由に該当するとして不執行の裁定をされた事例
2018.06.15
[新連載]ICC仲裁実務解説〔2〕(国際商事法務 (Vol. 46, No. 6, 2018))
2018.05.15
[新連載]ICC仲裁実務解説(国際商事法務 (Vol. 46, No. 5, 2018))
2018.04
中国における外国仲裁判断の承認・執行の事例研究 第14回 仲裁合意の準拠法について指定していない場合の仲裁合意の効力についての判断は、ニューヨーク条約第5条第1項(a)に従い仲裁地の法律に基づいて行うべきであるとした事例
2018.03
The Dispute Resolution Review, 10th Edition: Chapter 18, Japan
2018.01
国際仲裁入門 ―比較法的視点から―(上)(JCAジャーナル2018年1月号)
2017.11.10
Arbitration Academy 2017 に参加して(JCAジャーナル 2017年11月号)
2017.07.10
オフィースフォーティーズ 企業法務シリーズ 中国民商法の理論と実務[113] 中国の人民法院が無効と判断した仲裁条項が有効であることを前提に出されたICC仲裁判断について、泰州市中級人民法院が中国本土・香港間仲裁判断相互執行協定に基づく承認・執行を拒絶した事例
2017.06
WTOパネル・上級委員会報告書に関する調査研究報告書「DS397:EC - 中国産鉄鋼ファスナーに対するアンチダンピング措置 (中国によるDSU21.5条の利用)」
2017.05.15
WTOアンチダンピング等最新判例解説㉓ 調査対象産品の原材料価格の輸出税による歪曲を理由とする国際価格による正常価額の認定の可否
2017.04
国際取引法研究の最前線 第56回 2017年ICC仲裁規則の改訂とその意義 (国際商事法務 (Vol. 45, No. 4, 2017))
2016.12
緊急仲裁人手続に関する最新動向〜紛争解決の実効性を高める上で利用可能な暫定措置取得手段
2006.04
渉外実務の手引き〔1〕~〔11〕

MORE

国際仲裁 に関する他の執筆情報

MORE

香港 に関する他の執筆情報

MORE

国際的紛争解決 に関する他の執筆情報

MORE

お問い合わせはこちら

ページTOPへ