コーポレードガバナンス・コードと経営倫理 「社外役員と弁護士から見たコーポレートガバナンス・コード対応」

2015.07.24

■講師■
今井祐(日本経営倫理学会常任理事・同学会ガバナンス研究部会長 BERCフェロー)
国谷史朗(弁護士法人 大江橋法律事務所 パートナー・代表社員)

■概要■
講演1:「持続的成長と企業価値向上に生かすコーポレートガバナンス・コードの使い方」
~ミッション・ビジョン(経営理念~経営戦略)のタテ・ヨコの展開と取締役会機能~
講師:今井祐

講演2:「社外役員と弁護士から見たコーポレートガバナンス・コード対応」
講師:国谷史朗

分野:コーポレートガバナンス・株主総会

日時: 2015年07月24日(金) 14時00分~
セミナー会場:TKP麹町駅前会議室(東京都千代田区麹町3-2麹町共同ビル8階)
講演者等:国谷 史朗
主催等:一般社団法人経営倫理実践研究センター 詳しくはこちら

国谷 史朗 に関する他のセミナー情報

2019.07.31
【東京】危機管理・コンプライアンスセミナー第1回:陥りやすい、企業(組織)不祥事への誤った対応
2019.07.25
【大阪】危機管理・コンプライアンスセミナー第1回:企業不祥事対応と再発防止策の策定
2019.04.12
【東京】JCAA仲裁規則の改正を踏まえた仲裁規則の選択とドラフティング
2018.10.23
危機管理・コンプライアンスへの対応策~米国法律事務所の最新実務を踏まえて~
2018.08.21
【東京】臨床研究法とコンプライアンス
2018.07.23
米国における反トラスト法とクロスボーダーM&Aの最新実務~国際カルテル調査・訴訟・M&A対応において日本企業が留意すべきこと~
2018.06.20
【大阪】 東南アジアにおけるコーポレートと紛争解決の最新実務
2018.06.19
【東京】 東南アジアにおけるコーポレートと紛争解決の最新実務
2018.05.19
日本版司法取引と企業対応
2018.03.01
コンプライアンスセミナー(U.K、仏、独、日本法比較)
2018.01.15
国際弁護士と法制度整備支援
2017.10.25
システム開発の受発注に関する紛争予防と解決-スルガ銀行vs.IBM事件からの教訓
2017.10.07
債権回収・国際商事仲裁セミナー 「中国企業からの債権回収と仲裁手続の利用法」-仲裁機関関係者が語る仲裁手続を知る-
2017.03.12
国際仲裁(センター)が成功する要素
2017.02.16
民法改正
2017.02.12
債権法改正について
2017.01.30
中小企業の国際化とイノベーション
2016.10.02
企業再編に伴うライセンス契約の取り扱い
2016.09.08
M & Aと契約交渉、法務デューディリジェンスの実務
2016.09.05
平成18年株主総会における留意事項~新会社法における実務上の留意点~
2016.07.11
日本企業による国際戦略的取引、M & A
2016.07.04
内部告発と監査役-コンプライアンスの視点から-
2016.06.18
M&A・企業再編における契約実務
2016.06.16
企業・金融法制のグローバリゼーションとリーガルサービス
2016.06.13
国際的M&A
2016.06.12
契約交渉の理論と実務-ライセンス契約を中心として
2016.06.09
リスク管理における企業の対応と法務部門の役割―最近の企業事件から学ぶ
2016.06.06
国際的M&A
2016.06.05
欧米の会社法制及び弁護士の視点から見た日本の監査役制度
2016.05.28
コンピュータ2000年問題と法的責任
2016.05.27
コンピュータ2000年問題と法的責任
2016.05.22
執行役員制等取締役改革
2016.05.21
企業倫理とコーポレート・ガヴァナンス
2016.05.19
日米倒産法の比較/事業に失敗した企業家の再起システム
2016.05.15
米国進出, 撤退の法的留意点
2016.05.14
製造物責任の理論と実務
2016.05.13
新興経済圏と日本におけるADR(代替的紛争解決方法)
2016.05.11
合弁事業契約
2016.05.09
GATTと国際的法律実務:国際弁護士に関する新ルール
2016.05.07
技術移転と契約実務
2016.05.06
国際取引の拡大と日本における渉外弁護士活動の発展
2016.05.05
アメリカにおける法律顧問の役割
2016.05.03
日本に於ける(国際的)合弁の法的側面について
2016.05.02
OEM契約の注意点
2016.05.01
海外投資、取引を取り巻く法務―国際企業買収、合弁、海外不動産投資その他
2016.04.29
国際取引と契約-合弁、ライセンス契約を中心として-
2016.04.28
米国進出にあたっての法的留意点-デラウェア会社法を中心として-
2016.04.27
日米貿易及び投資;日本に移転される米国技術の保護について(特許、商標及びライセンスの諸問題を含む)―1990年代の戦略
2016.04.24
ジョイントベンチャーに関する法律実務-ケーススタディを中心に-
2016.04.23
新しい米国包括貿易法 スーパー301 条 関税法337 条を中心に
2016.04.22
ECにおける特許及びノウハウライセンス契約の制限条項について-ノウハウライセンス契約に対する一括適用除外規則案を中心として-

MORE

コーポレートガバナンス・株主総会 に関する他のセミナー情報

2020.03.18
高まる人権リスクへの対策について〜今後を見据え取り組むべきこととは〜(仮題)
2020.03.02
2020年度株主総会に向けた留意事項 〜アクティビストの動向、諸制度の改正とともに〜
2020.02.25
弁護士と司法書士が解説する株主総会実務の基礎 〜スケジュール策定から登記まで法的根拠を整理して想定外にも対応できる基本を学ぶ〜
2019.08.07
新任担当者のための株主総会実務の基礎 〜法的根拠を整理して想定外にも対応できる基本を学ぶ〜
2019.04.08
ESG課題への対応及び人権DDの実践
2019.03.04
2019年定時株主総会に向けての留意事項 ~株主との対話を重視した開かれた総会に向けて~
2019.03.01
第62期株式上場研究会「内部統制・リスク管理とコーポレート・ガバナンス」
2019.01.03
【名古屋】アクティビスト対応の実務―「有事対応を踏まえ、平時に備える」
2019.01.03
株主総会実務の基礎 〜法的根拠を整理して想定外にも対応できる基本を学ぶ〜
2019.01.03
増加するアクティビスト(物言う投資家)への対応 ~企業価値向上へ向けたステークホルダーとの関係構築~
2019.01.02
コーポレートガバナンス改革を踏まえた株主総会対応と監査役等の役割 -3月総会を前に押さえておきたいポイント-
2019.01.02
M&Aを成功させるためのガバナンス ~事前準備から買収後の成長に向けた体制整備まで~
2018.12.22
企業価値を高める不祥事対策の在り方 ~予防から発生後の信頼回復・企業価値再生に向けた対応~
2018.12.17
【東京】アクティビスト対応の実務-「有事対応を踏まえ、平時に備える」
2018.12.16
コーポレートガバナンスと取締役会・CEOの在り方 ~監督と執行の分離に向けたガバナンス改革が進む中で~
2018.12.11
【大阪】アクティビスト対応の実務-「有事対応を踏まえ、平時に備える」
2018.11.02
新任担当者のための 株主総会実務の基礎 〜法的根拠を整理して想定外にも対応できる基本を学ぶ〜
2018.10.07
会社法改正の動向と想定される実務への影響 ~中間試案を踏まえて~
2018.09.13
株主総会に関する近時の動向と対応
2018.09.09
4月18日<名古屋>近時の動向を踏まえた平成30年定時株主総会の対応<セミナー>
2018.09.04
第60期株式上場研究会「有事事例からみるコーポレート・ガバナンス」
2018.07.19
海外子会社と内部統制
2018.07.14
【名古屋】不祥事対応の実態と平時の備え(日本・中国のケースを参考に)
2018.06.07
役員報酬改革の方向性と中堅上場会社のための制度設計-監査等委員会設置会社における報酬決定プロセスの透明化のために
2018.06.06
新任担当者のための株主総会実務の基礎 〜法的根拠を整理して想定外にも対応できる基本を学ぶ〜
2018.05.13
海外子会社と内部統制
2018.04.28
取締役会評価の最新実務 〈名古屋〉
2018.04.24
取締役会評価の最新実務 〈大阪〉
2018.04.16
役員報酬改革と平成29年定時株主総会への対応
2018.04.01
株主総会実務の基礎 ~法的根拠を整理して想定外にも対応できる基本を学ぶ~
2018.03.22
取締役会評価の最新実務 〈東京〉
2018.01.02
コーポレートガバナンス・コードへの実務対応~平成28年定時株主総会をみすえて~
2017.11.08
コーポレートガバナンスの最前線
2017.09.17
コーポレートガバナンス・コードセミナー 「コーポレートガバナンス・コードへの実務対応」
2017.08.05
平成27年定時株主総会の準備のポイント -会社法・法務省令改正、コーポレートガバナンス・コードを踏まえて
2016.09.05
平成18年株主総会における留意事項~新会社法における実務上の留意点~
2016.05.21
企業倫理とコーポレート・ガヴァナンス

MORE

お問い合わせはこちら

ページTOPへ