パートナー 高槻 史 Fumi Takatsuki

大阪弁護士会所属(2000年登録 53期)
拠点:大阪事務所

主な経歴

1998年
慶應義塾大学法学部法律学科卒業

1998年~1999年
中国北京市、中央戯劇学院において1年間の中国語研修

2000年
御池総合法律事務所勤務

2003年
アンダーソン・毛利・友常法律事務所勤務

2004年~2005年
アンダーソン・毛利・友常法律事務所北京代表処勤務

2006年~
大江橋法律事務所勤務

執筆情報 一覧を見る

2017.07.10
オフィースフォーティーズ 企業法務シリーズ 中国民商法の理論と実務[113] 中国の人民法院が無効と判断した仲裁条項が有効であることを前提に出されたICC仲裁判断について、泰州市中級人民法院が中国本土・香港間仲裁判断相互執行協定に基づく承認・執行を拒絶した事例
2016.11
中国ビジネス法務の最新事情 第50回 クーリングオフ制度の充実に向けて
2016.08
中国案例百選第234回 中国国内企業同士を当事者とする中国内取引に関する外国仲裁裁決の承認・執行が認められた事例
2016.03
中国ビジネス法務の最新事情 第43回 中国独禁法リニエンシーガイドライン及び承諾制度ガイドラインの草案について
2015.11
中国案例百選第225回 オンライン・バトルゲームの対戦試合映像についての著作物性が否定された事例
2015.08
中国ビジネス法務の最新事情 第36回 アドホック仲裁と中国の仲裁実務
2015.05
講演録「中国における仲裁実務の問題点」セミナー(2)第2部 パネルディスカッション
2015.04
講演録 「中国における仲裁実務の問題点」セミナー(1) 第1部 講演「CIETAC上海に関する仲裁条項の問題点と実務」
2015.02
外国仲裁機関が中国国内を仲裁地として仲裁を行うという仲裁合意は有効か
2014.11
中国案例百選第213回 インターネットショッピングモールにおける商標権侵害商品の販売について,ショッピングモール経営者の責任が認められた事例
2014.11
中国ビジネス法務の最新事情 第29回 中国におけるコンプライアンス違反リスクと処罰の動向〜GSK中国の商業賄賂事件・530億円の罰金〜
2014.03
「中国ビジネス法務の最新事情」第22回 中国の登録資本金制度改革
2014.02
オフィースフォーティーズ 企業法務シリーズ 中国民商法の理論と実務14 中国における債権回収と裁判所の情報公開
2013.08
「中国ビジネス法務の最新事情」第15回 CIETAC分離独立問題の最新事情
2013.03
中国案例百選193 アップル社のiPad商標権権利帰属確認請求が棄却された事例
2012.11.10
「中国ビジネス法務の最新事情」第8回 最高人民法院による第三次指導性案例の公布について
2011.12.15
中国案件百選178 株主による株主権の濫用について損害賠償請求及び不当利得返還請求等が一部認容された事例
2011.06.15
〔特集 中国独占禁止法の執行状況について〕 中国独占禁止法における実務上の留意点について
2010.12.25
中国ビジネスにおけるリーガルリスク −近時の傾向と監査役としての留意点

使用言語

日本語・英語・中国語(共通語)

ページTOPへ