国際プロボノ活動

  国際的業務を行う強みを生かして、発展途上国の司法・立法にかかる法整備支援活動、弁護士会や法務省が行う法整備支援活動への講師派遣、諸外国のロースクールの学生や若手弁護士の研修生の受入れ、難民認定の申請や行政訴訟、各国大使館・領事館での法律相談、東京オリンピックにおけるプロボノサービスの提供などの国際プロボノ活動にも積極的に取り組んでいます。

【関連ニュース】
 2021.07.26 当事務所の弁護士が代理人として関与した東京オリンピック代表選考を巡る紛争についての仲裁判断が公表されました

お問い合わせはこちら

国際プロボノ活動に関する他の執筆情報一覧を見る

MORE

国際プロボノ活動に関連するセミナー情報一覧を見る

2022.10.17
大阪弁護士会 研修 「『ビジネスと人権』をめぐる最新動向と取り組むべき実務対応」
2022.06.28
効果的なESGストラテジーの実践のために次世代の弁護士が知るべきこと~グローバルプラクティスを踏まえて~/パネルディスカッション2 人権デュー・ディリジェンス:グローバルなプラクティス及び法規制
2022.05.24
【オンラインセミナー: 録画配信】業種別:開示例から見る人権デュー・ディリジェンスの実践
2022.04.13
How does the CAS Ad Hoc Division work in the COVID environment? - Key Lessons from Tokyo 2020 and Beijing 2022 -
2022.01.19
【オンラインセミナー:録画配信】オリンピックとスポーツ仲裁 ~スポーツ紛争解決の基礎から東京五輪仲裁事例まで~
2022.01.18
【オンラインセミナー】オリンピックとスポーツ仲裁 ~スポーツ紛争解決の基礎から東京五輪仲裁事例まで~
2021.10.22
【オンラインセミナー: 録画配信】ESG・サステナビリティと企業法務の基礎
2021.10.06
NYSBA - アジアにおける人身売買:現代の形態の奴隷制 (Human Trafficking In Asia: Modern-Day Forms Of Slavery)
2020.04.24
【オンラインセミナー】90分で理解するスポーツ紛争解決の実務~基礎から最新CAS事例まで~
2020.02.03
もしも企業所属選手が出場停止になったら?~スポーツ紛争の基礎からオリンピック選考まで~
2019.04.08
ESG課題への対応及び人権DDの実践

MORE

ページTOPへ