知財争訟

 当事務所は、国内外の知財争訟業務を専門的に取り扱うプラクティスグループを擁しています。国内知財争訟では、侵害訴訟・審判(無効審判・訂正審判)・審決取消訴訟・税関における輸入差止等の様々な争訟手続が生起しえますが、当事務所はこれらの手続全てについて精通した実務経験豊富な知財専門弁護士が多数在籍し、事件の規模・複雑性等に応じて適切なチーム編成を行い、質の高いリーガルサービスを提供しています。これまで経験した産業分野は、電子機器、半導体、IT、エネルギー、環境、医薬、ライフサイエンス、ヘルスケア、消費財等、多岐にわたります。また、大規模な紛争案件だけでなく中小規模の紛争案件についても多くの経験を有しています。
 侵害訴訟のほかにも、職務発明関連争訟、発明者性を巡る争訟、医薬品に関する延長登録関連争訟、ライセンス契約に関する訴訟・仲裁、不正競争防止法に基づく訴訟についても多数の実績を上げています。
 国際知財争訟に関しては、海外(欧米)各国にて同時並行する特許訴訟のほか、中国、ASEANにおける知財権侵害取締り(訴訟・行政取締り)や商標無効訴訟等についてクライアントである企業に対して充実したリーガルサービスを提供しています。また企業の国際的な事業展開に伴い、知的財産紛争が国境を越える案件の場合は、世界各国の法律事務所との強いネットワークを活用して、効果的かつ戦略的に紛争解決を行っています。

お問い合わせはこちら

知財争訟に関する他の執筆情報一覧を見る

2021.04.01
DTSA(米国連邦営業秘密保護法)の米国外の行為に対する適用~Motorola Solutions, Inc. v. Hytera Communications Corp. Ltd.を踏まえて~
2021.04.01
Patent Enforcement Practices Before, During and After Patent Litigation Proceedings in Japan - A Comparative Analysis with Germany and the United States -
2021.02.01
意匠・デザインの法律相談Ⅰ・Ⅱ
2021.01.01
特許権侵害訴訟における差止請求権行使の制限とその効果~ドイツ・アメリカの議論を踏まえたわが国のあり方への示唆~
2020.08.04
限定提供データ保護について
2020.07.29
「機能を確保するために不可欠な形態の判断基準」-車種別専用ハーネス事件-
2020.07.17
「保護の始期と保護期間の起算点」 -スティック状加湿器事件-
2019.10.04
リレー連載 ある日の知財弁護士♯35 「知財弁護士業務の魅力」
2019.08.07
「特許法104条の3に基づく請求棄却判決と訂正審決の確定」-ナイフの加工装置事件-
2019.05.16
特許・実用新案の法律相談Ⅰ・Ⅱ
2018.10.12
食品の用途発明のクレーム解釈
2018.06.01
小松陽一郎先生古稀記念論文集 「特許権侵害紛争の実務 -裁判例を踏まえた解決手段とその展望-」
2018.03.21
知的財産法の羅針盤 特許権侵害訴訟における訂正の再抗弁のあり方
2018.02.19
職務発明の実務Q&A [勁草法律実務シリーズ]
2017.12.28
先使用権制度の概要
2017.12.20
判例と実務シリーズ:No.476
2017.06.01
韓国知財関連機関への訪問及び交流報告
2016.05.01
知的財産権の非侵害保証・紛争対応条項と紛争発生時の対応 -ADSLモデム用チップセット売買代金請求事件ー 東京地方裁判所 平成27年3月27日 平成24年(ワ)第21128号 売買代金請求事件
2015.02.01
アメリカの最高裁判例を読む-21世紀の知財・ビジネス判例評釈集-

MORE

知財争訟に関連するセミナー情報一覧を見る

MORE

ページTOPへ