贈収賄・金融商品取引法・行政取締法規違反

 当事務所は、日本法の下で贈収賄関連案件、米国海外腐敗行為防止法(The Foreign Corrupt Practices Act)、英国贈収賄防止法(Bribery Act)、中国の商業賄賂に関する案件の経験が豊富です。
 金融商品取引法関係では、インサイダー取引規制、有価証券報告書、証券の発行・募集に関する案件も多数扱っています。
 企業活動においては、様々な行政取締法規違反が起こり得ますが、当事務所は、建設業法、建築基準法、都市計画法、消防法、医薬品・医療機器関係の法、電気事業法、ガス事業法、通信(地上の移動体通信、衛星放送を利用した移動体通信を含む)、食品衛生法、銀行・保険その他金融関係の取締法規、環境法(土壌汚染対策法など)、バーゼル条約関係法など、様々な行政取締法規に関する案件に対応しています。
 元検事、金融庁での勤務経験者を含む専門性の高い弁護士が必要に応じて国内外の専門家(外国法律事務所を含む)と連携しながら、司法・行政当局による捜査・調査への対応、官公庁との折衝、適時開示、マスコミ対応などにもあたっています。また、関連企業の取締役の善管注意義務違反に関する分析・検討、意見書作成、アドバイスなど、コンプライアンス対応にも取り組むと同時に、再発防止策の提案も行っています。

お問い合わせはこちら

贈収賄・金融商品取引法・行政取締法規違反に関する他の執筆情報一覧を見る

MORE

贈収賄・金融商品取引法・行政取締法規違反に関連するセミナー情報一覧を見る

2019.12.18
近年の社内ルール不備による不正・不祥事事例とコンプライアンス体制の課題
2019.09.17
【大阪】危機管理・コンプライアンスセミナー第2回:企業犯罪に学ぶ、これからの有事対応と平時の備え~インサイダー取引事例、公務員倫理と国内外の贈収賄事例を中心に~
2019.09.05
【東京】危機管理・コンプライアンスセミナー第2回:企業犯罪に学ぶ、これからの有事対応と平時の備え~インサイダー取引事例、公務員倫理と国内外の贈収賄事例を中心に~
2018.12.06
会社業務における公務員との関わりと留意点
2018.11.28
経営法友会 大阪月例会「米国FCPAの最新執行状況と日本企業が備えるべきポイント」
2018.11.25
90分で振り返る中国における消費者保護関連規制の基礎-電子商取引法,広告・表示規制,価格表示,品質問題対応(製品リコール対応等),個人情報管理を中心に-
2018.10.08
中国不正競争防止法改正のポイント~アジア新興国商業賄賂に関する改正点と実務動向も踏まえて~
2018.10.05
日本版司法取引制度から逆算した法務対応
2018.09.17
【名古屋】海外贈収賄規制の実務-中国、東南アジア諸国を中心に
2018.09.12
【大阪】 企業不祥事対応とコンプライアンス実務の最前線
2018.08.10
外国公務員等に対する贈賄防止について(社内研修)

MORE

ページTOPへ