アジアデスク

 わが国では少子高齢化による国内市場の将来的な縮小が予想される一方、アジアを始めとする新興国の市場が拡大している状況の中、特にリーマンショック以降、日本企業のアジア・新興国への進出の動きが拡大しています。この傾向は、アベノミクスによる円安転換基調となっても変わりません。こうした日本経済の動きを受け、私ども企業法務の担い手たる弁護士が日本企業のアジア展開をサポートすることは、一つの大きな社会的使命として確立されていると言っても過言ではありません。当事務所では、上記のような大きな社会的需要を踏まえ、シンガポール、インド、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、トルコなどのアジア各国に弁護士を派遣するとともに、個々の弁護士のアジア法務に関する経験とノウハウを組織的に結集してアジアデスクを設置し、クライアントの皆様のサポートを行っています。
 当事務所のアジア・新興国デスクの特色は、幅広い国・法域をカバーしたバラエティーに富む各国デスクの構築、IBA(国際法曹協会)、IPBA(環太平洋法曹協会)などの国際法律家ネットワークにおける長年の活動を通じて構築された海外の専門家との独自のネットワークとの連携、各専門分野間の有機的な協働体制が挙げられます。
 特に強みを発揮するのは、国際紛争解決、国際事業再生、国際企業買収・組織再編など、多国籍にまたがる大型案件・事件における専門性です。加えて、昨今特に新興国で問題となっている腐敗行為の予防・対策を中心とした海外コンプライアンスに関する経験値の高さも、大きな特徴となっています。 また、中小企業による海外進出のサポートや進出先でのトラブル解決についても豊富な経験を有しています。

 私ども当事務所が、皆様の海外展開のお役に立てることを、心より願っています。

デスク一覧

アジア・新興国業務に関するお問い合わせ先

お問い合わせは以下のフォームからお願いいたします。
担当e-mail asia_emerging@ohebashi.com

お問い合わせはこちら

アジアデスクに関する他の執筆情報一覧を見る

MORE

アジアデスクに関連するセミナー情報一覧を見る

2018.10.16
アジア法務朝活セミナーシーズン2第2回:中国におけるEC(電子商取引)の利活用②~越境ECでどう売るか・その実務と諸問題~
2018.09.10
アジア法務朝活セミナー シーズン2 第1回:中国におけるEC(電子商取引)の利活用①~ECビジネスの動向・販売活動に関する規制を中心に~
2018.07.23
アジア法務朝活セミナー第8回:インド会社法2017年改正とコーポレートガバナンス
2018.06.18
アジア法務朝活セミナー第7回:ベトナムにおける紛争解決
2018.05.21
アジア法務朝活セミナー第6回:アジアにおける個人情報保護対応(GDPR施行を踏まえて)
2018.05.10
90分で分かる!中国不正競争防止法改正のポイント
2018.05.03
DOING BUSINESS in HONG KONG and JAPAN
2018.04.19
アジア国際法学会日本協会 2018年度 第一回国際法研究者実務家勉強会
2018.01.22
アジア法務朝活セミナー第2回:ビジネスと人権 - 今企業に求められる対応
2017.12.11
アジア法務朝活セミナー第1回:シンガポール国際調停センターの実際の利用方法
2017.11.22
海外子会社と内部統制
2017.11.04
Outlook for investment in emerging APEC economies
2017.09.29
中国その他新興国における合弁契約作成の実務
2017.09.14
【大阪】 東南アジアにおけるコーポレートと紛争解決の最新実務
2017.09.13
【東京】 東南アジアにおけるコーポレートと紛争解決の最新実務
2017.07.06
<国際紛争解決セミナー>中国仲裁の最新事情
2017.07.05
HKIAC仲裁条項交渉ワークショップ
2017.07.04
【名古屋】 中国・ASEANにおける知的財産権の管理
2017.05.31
海外子会社と内部統制
2017.05.31
<国際紛争解決セミナー>韓国の国際仲裁実務の最新事情
2017.05.19
【東京】 中国・ASEANにおける知的財産権の管理
2017.05.12
【2回シリーズセミナー】第1回 中国・ASEANにおける知的財産権の管理
2017.04.24
東南アジア各国におけるM&Aの実務上の留意点<名古屋>
2017.02.09
東南アジア各国におけるM&Aの実務上の留意点<大阪>
2017.02.01
第4回インドネシア本邦研修「日本の投資家サイドから見たインドネシアの法令の問題点」
2016.12.14
東南アジア各国におけるM&Aの実務上の留意点<東京>

MORE

ページTOPへ