事業再生・倒産全般

 企業を取り巻く様々な状況の変化により、企業活動が経済的苦境に陥る場合があります。当事務所はこれまで、数多くの窮境に陥った企業の再建や円滑な清算をサポートしてきました。民事再生・会社更生、破産・特別清算はもとより、今日では、事業再生ADRや中小企業再生支援協議会、特定調整、地域経済活性化支援機構等を利用した私的整理手続など様々な手法が存在します。当事務所はいずれの手続・手法にも数多くの経験を有しており、企業の置かれている状況に応じ、依頼者及び公認会計士、コンサルティング会社等の外部専門家とともによく考え、最適な手続きを選択し、手続の遂行を全力でサポートいたします。
 当事務所は、事業再生の現場において生じる様々な問題点や混乱を事前に予測しあるいは迅速に対処して事業価値を可及的に維持し、また、従業員の雇用や取引先との取引関係を可及的に維持しつつ、債権者にも納得の得られる手続を遂行することをモットーとしています。スポンサーによる再建を図るための手法にも精通しているのはもとより、自主再建を果たした企業も数多くサポートしています。また、連帯保証をしている代表者の保証債務の整理についても、経営者保証ガイドラインの利用も視野に入れ、最善の努力を図ります。
 企業の破産・清算の局面においても、従業員、取引先、債権者のために最も適切かつ混乱の少ない手続を模索し、実践しています。
 当事務所は、窮境にある会社の事業や、従業員はもちろんその家族、取引先の関係者など、当該事業に関わる多くの方の生活の維持を、事業再生・倒産手続を通じて最大限サポートするとともに、債権者をはじめとする利害関係人の間の利害の調整を迅速、適切かつ公正に行うことが弁護士の使命であると考え、日々業務に取り組んでいます。また、当事務所は、債務者企業の代理人・管財人だけではなく、債権者、取引先やスポンサーなど様々な立場で事業再生案件に関与し、様々な成果をあげています。事業再生手続における新規の取引・融資、債権回収やM&Aには、平時にはない様々な考慮要素が存在します。債務者側の立場に精通している当事務所では、M&Aやファイナンスに精通した弁護士などと協同し、最適なチーム構成で、スポンサー候補者、レンダー及び取引先といった様々な立場の方々をサポートすることができます。
 当事務所では、様々な業種・規模の、かつ、複雑に利害関係が絡まりあった事業再生・倒産案件を数多く手がけてきました。また、海外に関係会社・子会社・資産を有する企業の国際倒産手続にも関与しています。当事務所は上海に拠点を有しており、中国法務PGとの連携により日本企業の中国からの撤退案件をサポートしています。それ以外の国・地域においても、当事務所の有する海外ネットワークを駆使し、万全の態勢でサポートいたします。

関連取扱分野

お問い合わせはこちら

事業再生・倒産全般に関する他の執筆情報一覧を見る

2018.11.13
民法改正が債権流動化取引に与える影響【第1回】
2018.11.13
医療法人の倒産処理
2018.11.13
個別和解型の特別清算手続下で行った子会社に対する債権放棄額の損金算入の可否 ~東京高裁平成29年7月26日判決(週刊税務通信2474号10頁)~
2018.10.22
GRR The Asia-Pacific Restructuring Review 2019 - Japan Chapter
2018.10.10
詐欺的要素の強い社債販売を行っていた会社が従業員らに支払っていた加給金について不法原因給付とした上で、破産管財人が不当利得として返還を求めることができるとした事例
2018.10.10
【米国倒産法あれこれ①】 倒産に関する日米の見方の違い
2018.10.10
中国倒産実務 ~中国子会社と破産手続の活用等~
2018.09.11
相続法改正が事業承継、債権管理・回収等の実務に与える影響と留意点①
2018.09.11
純粋私的整理手続における金融債権者に対する弁済猶予の要請の支払停止該当性について ~大阪地裁平成29年3月22日判決を契機として~
2018.09.11
私的整理手続中における債権回収のための訴えの提起が権利の濫用であるとは認められないとされた事例 ~東京地裁平成30年2月13日判決~
2018.08.14
小規模個人再生において住宅資金特別条項を定めた再生計画案の可決が信義則に反する行為に基づく場合に該当するか否かの判断に当たり、無異議債権の存否等を考慮することができるとされた事例~最高裁平成29年12月19日第三小法廷決定~
2018.08.14
破産債権者が破産手続開始後に物上保証人から債権の一部の弁済を受けた場合において、破産手続開始の時における債権の額として確定したものを基礎として計算された配当額が実体法上の残債権額を超過するときは、その超過する部分について配当すべきとされた事例~最高裁平成29年9月12日第三小法廷決定~
2018.08.14
譲渡担保権設定後の集合動産に所有権留保目的物が混入した場合における譲渡担保権と所有権留保の優劣
2018.07.10
事業再生ADR手続における商取引債権に関する考慮規定 ~産業競争力強化法の改正~
2018.07.10
債務者所有の不動産を占有している場合の債権回収 ~不動産を商事留置権の対象と認めた平成29年12月14日最高裁判例について~
2018.07.10
保証を取り付けても手放しで安心できません ~保証に関する否認リスクのご紹介~
2018.06.14
事業者破産の理論・実務と書式
2016.10.01
GRR The Asia-Pacific Restructuring Review 2017 - Japan Overview

MORE

事業再生・倒産全般に関連するセミナー情報一覧を見る

MORE

ページTOPへ