スポンサー・DIPファイナンス

1.スポンサー支援による事業再生と大江橋法律事務所のサポート体制
 事業再生の手法には、債務者企業が自力での再生を図る方法(「自力再生型」)と、スポンサーを選定し、その支援のもと事業の再生を図る方法(「スポンサー型」)があります。 事業再生の局面におけるスポンサー選定においては、債権者を中心とするステークホルダーの理解を得ることが必要であり、平時におけるM&Aや事業の売却等とは異なる考慮要素や必要な手続が存在します。大江橋法律事務所では、私的整理・法的手続を問わず、事業再生の手法としてスポンサーの支援を求める企業の再建案件を数多く取り扱ってまいりました。
 また、債務者企業のスポンサー選定により培ったノウハウと経験を活かし、債務者企業の支援を検討されているスポンサー候補企業に対しても、ストラクチャーの構築や手続等について、最適なアドバイスを提供することが可能です。

2.DIPファイナンスと当事務所のサポート体制
 大江橋法律事務所では、事業再生手続中の企業による借入(いわゆるDIPファイナンス)についても、貸出人、借入人双方の立場で、多数の案件を取り扱って参りました。事業再生手続中の債務者企業へのファイナンスについては、各種事業再生手続における借入債務の取扱いや、ファイナンス実行後に破産手続へ移行する可能性があることなど、平時のファイナンスとは異なる特殊な点がありますが、大江橋法律事務所では、これまでの経験を活かし、事業再生手続中の債務者企業、これに対するファイナンスを検討されている企業の双方に対して、最適なアドバイスを提供することが可能です。
 これらの案件に関しては、事業再生案件に精通した弁護士と、M&Aやファイナンスに精通した弁護士が協働し、最適なチーム構成で、債務者企業はもちろん、スポンサー候補者や貸出人の方々へのアドバイスも提供しています。

関連取扱分野

お問い合わせはこちら

ページTOPへ