労働訴訟・労働審判・労働委員会

 企業における人事・労務の問題において、従業員や元従業員との紛争又は労働組合との紛争が避けられない場合があります。
 当事務所においては、このような労働紛争(労働組合との団体交渉を含む)をめぐる相談業務に加え、裁判所における労働訴訟・労働審判の代理業務、労働委員会でのあっせんや不当労働行為救済申立事件といった諸手続における代理業務を多数取扱っているほか、労働組合との団体交渉において使用者側に立って交渉を行う業務等も行っています。また、日々の相談業務においても、紛争化した場合の留意点を踏まえた対応をアドバイスしています。

お問い合わせはこちら

労働訴訟・労働審判・労働委員会に関連するセミナー情報一覧を見る

2022.09.30
配転・出向の「いま」を考える ~ジョブ型雇用、メンタルヘルス、ハラスメント、 テレワークの動きを踏まえて~
2022.09.18
日本産業保健法学会・第2回学術大会 シンポジウム3(学問の最前線(産業保健枠)):「職場における遺伝情報の取扱いと対応の実際~遺伝性腫瘍の仮想事例からの接近~」
2022.06.16
【オンラインセミナー:録画配信】最新判例解説セミナー シリーズ第13回:職場環境配慮義務に関する最新判例解説
2021.08.30
社外人材活用のリスク~「雇用」と「雇用類似」の働き方を労働法と独禁法から考える~
2020.01.30
【改正直前】2020年4月改正「同一労働同一賃金」のための実務対応 - 「今からでも間に合う!最低限これだけは必要」な企業の対応とは?
2019.10.29
【大阪】危機管理・コンプライアンスセミナー第3回:労働分野における危機対応~各種ハラスメント、不正行為等に対する実務対応の留意点とケーススタディ
2019.10.23
【東京】危機管理・コンプライアンスセミナー第3回:労働分野における危機対応~各種ハラスメント、不正行為等に対する実務対応の留意点とケーススタディ
2018.11.06
【名古屋】長澤運輸事件・ハマキョウレックス事件最高裁判決を踏まえた実務対応 ~賃金体系、各種手当のチェック・見直しの具体的進め方~
2018.07.18
最高裁が初めて示した「同一労働同一賃金」への判断~最高裁判決が与える影響と対応を考える~
2018.02.07
韓国新政権下での法的課題 ~労働法・不正請託等禁止法(キムヨンラン法)を中心に~

MORE

ページTOPへ