パートナー 池田 裕彦 Hirohiko Ikeda

大阪弁護士会所属 (1987年登録 39期)
ニューヨーク州弁護士 (1992年登録)
拠点:大阪事務所

主な取扱ケース

※固有名詞のあるものは、取扱の事実が公表・公開されたものに限る。

1.M&A
(1)精密機器メーカーによる医療機器メーカーの買収案件(買収側)
(2)家電メーカーによるロジスティック関連子会社株式の運輸会社への譲渡案件(譲渡側)
(3)家電メーカーによる貿易関連子会社株式の運輸会社への譲渡案件(譲渡側)
(4)国内繊維メーカーによるドイツの医療機器関連繊維製品メーカーの買収案件(買収側)
(5)国内繊維メーカーによるスペインの医療用試薬等メーカーの買収案件(買収側)
(6)国内ゴム製品メーカーによるスイスの医療機器関連ゴム製品メーカーの買収案件(買収側)

2.敵対的買収関連
(1)ライブドア対ニッポン放送新株予約権発行差止め仮処分事件(株主側)
(2)ニレコ新株予約権発行差止め仮処分事件(株主側)
(3)村上ファンドによる阪神電鉄に対する敵対的買収事案(会社側)
(4)楽天によるTBSに対する経営統合提案事案(株主側)

3.株式買取価格決定事件関連
(1)楽天対TBS株式買取価格決定事件(株主側)
(2)サンスターのMBOに伴う株式買取価格決定事件(会社側)
(3)パナソニックによるパナソニック電工の完全子会社化に伴うパナソニック電工株式の買取価格決定事件(会社側)

4.株主代表訴訟関連
(1)楽天対TBS・会計帳簿閲覧請求仮処分事件及び訴訟事件(株主側)
(2)従業員が違法行為を行ったとされることについて取締役に監視義務違反・内部統制システムの構築義務違反があるとして提起された株主代表訴訟事件(会社側)
(3)株主代表訴訟を提起するために必要であるとして提起された取締役会議事録の閲覧謄写許可申立事件(会社側)

5.株主総会関連
(1)事前質問状を送付した株主が総会当日の取締役の説明が説明義務を尽くしたものではなく、議長による退場命令は著しく不公正であるとして提起された株主総会決議取消訴訟(会社側)

6.製造物責任関連
(1)冷蔵庫から出火したとして提起された損害賠償請求調停事件(メーカー側)
(2)ファンヒーターから出火したとして提起された損害賠償請求訴訟事件(メーカー側)
(3)肺がん抗癌剤「イレッサ」による副作用により損害を被ったとして提起された損害賠償請求訴訟事件(メーカー側)

主な経歴

1960年生まれ

1983年3月
中央大学法学部卒業

1984年10月
司法試験合格

1987年4月
弁護士登録(第39期)

1987年4月
大江橋法律事務所入所

1991年5月
バージニア大学ロースクール卒業

1991年9月~1992年9月
ニューヨーク市所在、Weil, Gotshal & Manges 法律事務所勤務

1991年11月
ニューヨーク州司法試験に合格

1992年6月
同州弁護士登録

1993年4月
大江橋法律事務所パートナー

主な役職・公職等

九州大学大学院法学研究科 講師 (1998年~2005年)

神戸大学大学院法学研究科 講師 (1999年)

大阪大学法科大学院 講師 (2004年~2009年) 客員教授(2010年~)
(「コーポレート・ガバナンス」担当)

同志社大学法科大学院 講師 (2004年~2010年)
(「コーポレート・ガバナンス」「企業結合法(M&A)」「民事法演習Ⅳ(会社法)」担当)

名古屋大学法科大学院 講師(2011年~)(「国際企業法務」担当)

大阪弁護士会 国際委員会 副委員長 (1999年~2006年)

大阪弁護士会 常議員 (2002年,2004年)

法務省法務総合研究所 国際会社法研究会 委員(2004年~2006年)  

法務省法務総合研究所 アジア株主代表訴訟研究会 委員(2006年~2009年) 

法務省法務総合研究所 アジア・太平洋監査制度研究会 委員(2009年~2012年)

法務省法務総合研究所 アジア・太平洋会社情報の提供制度研究会 委員(2012年~2015年)

ヤマハ株式会社 社外監査役(2011年~2017年)

公益財団法人 武田科学振興財団 監事 (2017年~)

セミナー情報 一覧を見る

2016.03.23
ビジネス ロー・フォーラム「今年の株主総会準備の留意点」
2015.09.24
株主代表訴訟の被告・会社側代理人として―株主代表訴訟における取締役・監査役の責任原因と会社側の対応を中心として―
2015.03.18
ビジネス ロー・フォーラム「今年の株主総会準備の留意点」
2015.03.10
株主総会指導の実務と課題
2014.03.25
今年の株主総会準備の留意点
2013.03.14
今年の株主総会準備の留意点
2012.03.12
今年の株主総会準備の留意点
2011.03.16
今年の株主総会に向けての実務上の留意点
2011.03.07
今年の株主総会準備の留意点
2011.02.09
会社法制の見直しについて
2010.03.23
今年の株主総会準備の留意点について
2009.10.21
株式買取請求権―反対株主の買取請求があった場合の公正な価格の算定をめぐっての争い
2009.03.25
今年の株主総会の留意事項
2009.03.19
今年の株主総会準備の留意点について
2008.11.26
今後の買収防衛策をめぐる実務の課題-企業価値研究会報告をめぐって
2008.04.16
株主提案権の行使への対応について
2008.03.12
企業防衛シンポジウム「敵対的買収防衛策導入の是非」
2008.03.11
今年の株主総会準備の留意点について
2007.10.23
買収防衛策の事例分析-ブルドックソース事件決定の分析を踏まえて-
2007.04.27
今年の株主総会に向けての実務上の留意点
2007.03.14
今年の株主総会準備の留意点
2006.05.31
事前警告型買収防衛策としてのライツプランの導入-その構造と導入に当っての法的検討事項-
2006.05.15
平成18年株主総会における留意事項-会社法における実務上の留意点-
2006.05.09
新会社法で経営はどう変わるか
2006.03.16
今年の株主総会準備に向けた留意点について
2005.11.16
企業買収防衛策に関する最近の動向について
2005.10.31
敵対的企業買収防衛策に関する最近の動向と監査役監査の留意点
2005.10.18
商法の現代化による買収防衛策への影響
2005.09.30
敵対的買収防衛策
2005.09.09
最近の企業買収防衛策の動向について
2005.07.20
敵対的買収防衛策に関する最近の動向について
2005.07.12
敵対的買収防衛策に関する最近の動向について
2005.03.28
今年の株主総会準備に向けた留意点
2004.11.30
最近のM&Aの動きと実務対策について ~UFJと住友信託のケースを題材にして~
2004.05.17
株主総会の直前対策
2004.03.23
平成16年株主総会への実務対応
2004.03.08
今年の株主総会開催準備に対する留意点
2004.02.23
法的側面から見た経営統合・企業再編のあり方について
2003.03.14
今年の株主総会事前準備における留意点について
2003.03.07
平成15年株主総会への実務対応
2002.12.06
法務リスク管理について-最近の事例から学ぶ
2002.11.29
株式制度の改正等について
2002.05.09
商法等の一部を改正する法律案要綱の実務面からの検討
2002.04.18
平成13年商法改正と株主総会実務
2002.01.22
商法改正とコーポレート・ガバナンス関連の実務対策
2001.12.21
株式制度改正とその戦略的実務対応
2001.12.14
M&A・企業再編戦略と関係法令
2001.03.30
企業再編法制と株主・債権者
2000.12.15
事業再編と子会社管理対策
2000.12.14
事業再編と子会社管理対策
2000.10.16
米国会社法の実務 デラウェア州法を中心として
2000.10.05
債権者保護手続からみた会社分割法制とM&Aの動向
2000.06.30
日本におけるコーポレート・ガバナンス
1999.12.21
株式交換・株式移転と実務上の諸問題
1999.10.29
新民事訴訟法とPL訴訟への対応
1998.02.26
新民事訴訟法と企業法務
1997.10.15
最近のM&Aについて
1994.09.16
Zapata Corp vs. William Maldonado事件について

使用言語

日本語・英語

ページTOPへ