【オンラインセミナー】債権回収担当者が知っておきたい債権回収の具体的方法とその手続き

2022.05.19

 新型コロナウイルスの感染拡大により、2020年3月頃から倒産及び破産が増加し、各種担保の取得等の債権回収のための平時からの対策の必要性についてはより強く意識されるようになっております。
 他方で、例えば、サービスを提供する取引であるため、商品について所有権留保特約を付すといった対応ができない、取引の相手方が抵当権を設定するような不動産を所有していない(又は所有しているが金融機関からの借入れで既に抵当権が設定されている)といった場合には、取引先の代表者又は親族を連帯保証人とする対策しか採り得ないこともあります。このような取引の債権回収では、債権回収担当者は取引先の財産の調査から検討しなければなりません。

 本勉強会では、このような取引を念頭に、債権回収の必要性が生じた場合に、債権回収担当者が法的にどのような方法を採り得るのか、その手続きはどのようなものであるのか、また、経済合理性の観点からどのような状況においてどの方法を採用するのがよいのか、等について解説します。

● お申込・詳細はこちらからどうぞ   ※お申し込み期限:2022年5月18日正午まで

● 費用:無料

● 本セミナーに関するお問い合わせ:seminar@westlawjapan.com  0120-100-482(月~金9:00~18:00)

お申込み時にいただきました個人情報は大江橋法律事務所・ウエストロー・ジャパン株式会社が管理し、ご本人様確認、お問合せ対応、各種案内の送付、その他主催者によるサービス提供の目的にのみ使用します。
本勉強会にお申込みいただく際は、下記【個人情報保護ポリシー】・【プライバシーポリシー】をご確認いただきますようお願いいたします。

【大江橋法律事務所 個人情報保護ポリシー】https://www.ohebashi.com/jp/firm/policy.php
【ウエストロー・ジャパン株式会社 プライバシーポリシー】 https://www.westlawjapan.com/privacy-policy/
※ウエストロー・ジャパン株式会社のプライバシーポリシーに定める利用目的の範囲内で、トムソン・ロイターのグループ会社および新日本法規出版株式会社を含む関連会社に対して提供する場合があります。

分野:債権保全(担保)・債権回収・債権管理

日時: 2022年05月19日(木) 16時00分~ 17時30分
講演者等:森本 祐介
主催等:WestLaw Japan株式会社・弁護士法人大江橋法律事務所 共催

お問い合わせはこちら

ページTOPへ