法律のツボ ハーグ条約で元の国へ

著者等: 多田 慎
書籍名・掲載誌:毎日新聞 大阪版 (2014年4月12日)
出版社等:株式会社毎日新聞社
出版日: 2014年04月

多田 慎 に関する他の執筆情報

2020.01
DELOS Guide to Arbitration Places (GAP) - Japan Chapter
2019.12
国際法務概説
2018.06.22
Japanese Supreme Court Provides Guidance on Arbitrator’s Duty to Disclose a Potential Conflict of Interest in an International Arbitration
2018.06.15
[新連載]ICC仲裁実務解説〔2〕(国際商事法務 (Vol. 46, No. 6, 2018))
2018.05.15
[新連載]ICC仲裁実務解説(国際商事法務 (Vol. 46, No. 5, 2018))
2017.11
国際ビジネスハブとしての香港の法制度 その2
2017.07.10
オフィースフォーティーズ 企業法務シリーズ 中国民商法の理論と実務[113] 中国の人民法院が無効と判断した仲裁条項が有効であることを前提に出されたICC仲裁判断について、泰州市中級人民法院が中国本土・香港間仲裁判断相互執行協定に基づく承認・執行を拒絶した事例
2017.04
国際取引法研究の最前線 第56回 2017年ICC仲裁規則の改訂とその意義 (国際商事法務 (Vol. 45, No. 4, 2017))
2016.12
【連載】Brexitは日本企業にどのような影響を与えるか:第3回 離脱交渉のゆくえと規制法への影響(1)
2016.12
“Arbitral Award Set Aside by Osaka High Court for Arbitrator's Failure to Disclose Potential Conflict of Interest” (利益相反該当事実の不開示を理由に仲裁判断を取り消した大阪高裁決定について)
2016.12
緊急仲裁人手続に関する最新動向〜紛争解決の実効性を高める上で利用可能な暫定措置取得手段
2016.10
【連載】法律家がBrexitの渦の中でみるもの:EU離脱への針路を探る(第2回・第3回)
2016.09
【連載】Brexitは日本企業にどのような影響を与えるか:第2回 最新動向と契約実務の留意点
2016.05
実務解説 英国がEUから離脱した場合の実務への影響
2016.03
Electronic Documents in International Arbitration: Recent Developments and Challenges (国際仲裁における電子文書の取扱い)
2014.07
2014年JCAA仲裁規則の改正と実務上の留意点

MORE

お問い合わせはこちら

ページTOPへ