債権保全(担保)・債権回収・債権管理

1. 最適な債権保全のアレンジメント
  新規の取引先との取引を行う場合、多額の先行費用(製造費や仕入代など)を要する取引を行う場合、そもそも経済状態に不安のある取引先との取引を行う場合等には、取引に入る前に予め自社の債権を適切に保全する措置を検討しておくことが重要です。このような債権保全措置の方法としては、動産・不動産への各種担保権の設定、保証金や相殺取引等多岐にわたる方法があり、取引基本契約を含めた適切な契約が重要となりますが、手段選択にあたっては、個別の取引関係を踏まえたうえで、万一にも取引先が倒産した場合に、倒産手続下でも有効にワークしうる手段を選択しておく必要があります。
  大江橋法律事務所は、多数の倒産事件の経験を踏まえた、最適な債権保全措置のアレンジメントと契約書の作成、締結交渉をサポートさせていただきます。集合動産譲渡担保(ABL)、特許等の知的財産に対する担保設定、売掛債権に対する担保設定(信託等を用いたスキームを含む)等特殊な債権保全措置に関する実務経験も有しております。

2. 迅速かつ最善の債権回収の実践
  債権回収の場面では、迅速な対応が必要不可欠です。手続の選択や準備に時間をかけ過ぎていては、どのような債権回収の手段も絵に描いた餅になってしまいかねません。他方でどのような回収手段が最善のものかは、債権額、取引実体や回収コスト等も踏まえて緻密に検討される必要があります。
大江橋法律事務所は、取引規模の大小を問わず、多数の債権回収の実績を有しており、これまでのノウハウを生かして、各事案にベストな債権回収の手段(訴訟、仮差押、仮処分、支払督促、強制執行等の法的手続、任意の回収手段等)を提案させていただきます。そのうえで、複数の弁護士がチームを組成することで、迅速な債権回収手続を実践いたします。

お問い合わせはこちら

ページTOPへ