コロナ禍以降の事業再生案件において想定される諸問題

コロナ禍以降の事業再生案件において想定される諸問題

1 はじめに
2 想定される状況
3 事業再生を模索する時間的余裕が確保できない問題(資金繰りの破綻)
4 協議すべき関係者の増加
5 金融機関の調整について
6 法的手続の利用の増加、DIPファイナンス
7 おわりに

著者等: 北野 知広

掲載:事業再生・債権管理ニュースレター2020年8月号


出版社等:弁護士法人大江橋法律事務所
出版日: 2020年08月11日

北野 知広 に関する他の執筆情報

2020.06.04
組合契約に関する債権法改正の概要
2020.06.04
寄託契約に関する債権法改正の概要
2020.04.02
消費貸借契約に関する債権法改正の概要
2019.11.12
事業再生ADR手続の概要
2019.06.11
事業再生ADR利用のすすめ
2019.02.27
続・争点 倒産実務の諸問題
2018.08.14
破産債権者が破産手続開始後に物上保証人から債権の一部の弁済を受けた場合において、破産手続開始の時における債権の額として確定したものを基礎として計算された配当額が実体法上の残債権額を超過するときは、その超過する部分について配当すべきとされた事例~最高裁平成29年9月12日第三小法廷決定~
2018.07.10
事業再生ADR手続における商取引債権に関する考慮規定 ~産業競争力強化法の改正~
2018.05
ケーススタディで学ぶ債権法改正
2018.03.27
売買契約の「所有権留保」特約に基づいて破産した取引先から商品を返却してもらうには
2015.12
注釈破産法(上)
2015.03
別除権協定に関する平成26年6月5日最高裁判決と今後の別除権協定
2014.11
物上代位、担保不動産収益執行の制限等 寄託金返還請求権の保護
2014.06
新・更生計画の実務と理論
2013.12
会社更生の実務Q&A 120問
2013.03
債権者への情報開示に関する一考察
2012.03.02
提言 倒産法改正
2011.05.25
大阪地方裁判所におけるDIP型会社更生事件—迅速な事業再建手法としてのDIP型会社更生手続の運用—
2005.07
新破産法の理論・実務と書式〔事業者破産編〕

MORE

お問い合わせはこちら

ページTOPへ