フィリピンの人的財産担保法

フィリピンの人的財産担保法

1 はじめに
2 担保権の設定
3 対抗要件
4 担保権の優先順位
5 担保権の実行

著者等: 丸山 貴之

掲載:事業再生・債権管理ニュースレター2020年10月号


出版社等:弁護士法人大江橋法律事務所
出版日: 2020年10月13日

丸山 貴之 に関する他の執筆情報

2020.02.12
シンガポールの会社の清算手続
2019.09
GRR The Asia-Pacific Restructuring Review 2020 - Japan Chapter
2019.07.09
インドの倒産処理手続
2019.01.15
第三債務者が差押債務者に対する弁済後に差押債権者に対してした更なる弁済は、差押債務者が破産手続開始の決定を受けた場合、破産法162条1項の規定による否認権行使の対象とならないとされた事例 ~平成29年12月19日最高裁第三小法廷判決~
2018.10
GRR The Asia-Pacific Restructuring Review 2019 - Japan Chapter
2018.01.05
特集 会社更生の活用促進に向けて 《第3部 ラムスコーポレーションの会社更生事件》
2017.09.12
An Overview of the Civil Re habilitation Proceedings in Japan
2016.10
GRR The Asia-Pacific Restructuring Review 2017 - Japan Overview
2016.05
各国ワークアウトの実情(第4回)「フィリピンの私的整理実務について」
2014.11
第8章 事業再生のその他の問題 25 国際的な事業再生
2014.06
エルピーダ物語 第6回 エルピーダの海外対応をめぐる諸問題
2014.05
エルピーダ物語 第5回 エルピーダの会社更生手続における新株予約権付社債と普通社債等に関する諸問題
2013.11
日本の更生手続において認可された更生計画が米国連邦倒産法15章の手続において承認された初めての事例—エルピーダメモリ事件—
2010.01.05
特集 国際(海外・並行)倒産の新展開 ATJ・AJH・ATIの事例にみる日米親子会社の同時再建〜更生計画外事業譲渡と「363条セール」
2009.09.20
実務解説 担保の有無でポイント整理 米国連邦倒産法チャプター11申立企業からの債権回収法

MORE

お問い合わせはこちら

ページTOPへ