パートナー 菰口 高志 Takashi Komoguchi

大阪弁護士会所属(2011年登録 64期)
ニューヨーク州弁護士(2019年登録)
経営法曹会議、日本労働法学会、日本産業保健法学会
近畿法曹稲門会(2012年~)

拠点:大阪事務所

略歴

使用者側で人事労務に関する案件・相談に多様な経験を有するほか、企業法務全般(特に、大型訴訟を含めた商事訴訟・非訟等の紛争案件の代理)、競争法(独占禁止法)に関する案件・相談も取り扱っています。
業務の一つの柱としている人事労務の分野では、これまで、上場・非上場を問わず、多様な業種のクライアントの案件を担当してきました。以下のとおり、使用者側の立場で、法律相談や紛争案件処理といった典型的な業務はもちろん、その他にも幅広い業務に携わっている点が特徴です。加えて、個別的労使紛争(企業と労働者個人間)のみならず、集団的労使紛争(企業と労働組合間)にも多くの経験を有していることも、特徴として挙げられます。
また、人事労務に限らず、複雑な紛争案件には、これまでの紛争解決の経験を活かしながら、人一倍のやりがいと気概をもって取り組んでおります。

<具体的なご依頼の例(人事労務)>
・労務管理・人事制度設計・就業規則に関するアドバイス
・裁判所(訴訟、仮処分、労働審判)や労働委員会の手続における代理
・労働基準監督署その他の行政機関への対応
・問題社員への対応と職場環境の調整に関するアドバイス
・職場でのメンタルヘルスの問題に関するアドバイス
・M&A・PMIにおける、労務問題・人事制度統廃合に関するアドバイス
・労働組合との団体交渉への対応・アドバイス
・従業員の問題(例として、ハラスメントや労災の有無等)に関する調査委員会その他調査業務、改善策のアドバイス
・コンプライアンス相談窓口の運用に関するアドバイス
・フリーランス・業務委託等を用いた業態に関するアドバイス
・新規サービスの検討における、労働法的観点からのアドバイス
・人事労務に関する研修の講師

主な経歴

2007年
東京大学法学部卒業

2010年
早稲田大学大学院法務研究科修了

2018年
Duke University School of Law 卒業

2018年~2019年
Winston & Strawn LLP, New York Office 勤務 (2019年7、8月にはLondon Officeにて研修)

主な役職・公職等

経営法曹会議
日本労働法学会
日本産業保健法学会
近畿法曹稲門会 会計幹事(2015年度)
米国法曹協会(American Bar Association) Labor & Employment Law Section

セミナー情報 一覧を見る

2022.12.07
【オンラインセミナー】「デジタル給与」の解禁に向けた検討と準備のポイント ~労働法と賃金決済法の双方の視点から~
2022.09.30
配転・出向の「いま」を考える ~ジョブ型雇用、メンタルヘルス、ハラスメント、 テレワークの動きを踏まえて~
2022.09.18
日本産業保健法学会・第2回学術大会 シンポジウム3(学問の最前線(産業保健枠)):「職場における遺伝情報の取扱いと対応の実際~遺伝性腫瘍の仮想事例からの接近~」
2022.07.25
【オンラインセミナー】労務管理における「安全配慮」の勘所 ~メンタルヘルスその他の現代的諸問題を横断する~
2021.10.12 ~2021.11.30
【オンラインセミナー:録画配信】最新判例解説セミナー シリーズ第4回:有期雇用の契約更新等に関する最新判例解説
2021.10.08
【オンラインセミナー】最新判例解説セミナー シリーズ第4回:有期雇用の契約更新等に関する最新判例解説
2021.08.27
社外人材活用のリスク~「雇用」と「雇用類似」の働き方を労働法と独禁法から考える~
2021.07.19
【オンラインセミナー】配転・出向・転籍の実務をアップデート-近時の裁判例、「ジョブ型雇用」導入の動きも踏まえて-
2021.05.27 ~2021.07.16
【オンラインセミナー:録画配信】30分でチェック!労働法シリーズ ~労働法からみたフリーランス活用の法務リスク~
2020.07.30
【オンラインセミナー】社外の人材活用とリスク ~独禁法と労働法の交錯~
2019.11.22
競争法と個人情報の集積・利活用の方法
2017.05.19
経営企画・法務・人事を横断 M&Aを成功に導くための人事労務の留意点 ~変わりゆく法令・裁判例・実務を踏まえて~
2016.02.26
労働法セミナー<名古屋> 「労働者派遣法改正への対応」

使用言語

日本語・英語

ページTOPへ