パートナー 松井 衡 Ko Matsui

第一東京弁護士会所属(2009年登録 47期)
(大阪弁護士会1995年登録より2009年に登録変更)
ニューヨーク州弁護士(2005年登録)
拠点:東京事務所

略歴

1998年から上海事務所に駐在し、日本企業の中国事業をそのライフサイクルの全段階において支援する経験を積みました。主に各種の製造業、IT及びヘルスケア等の産業分野において、コーポレート案件やコンプライアンスにかかるご相談から、紛争解決・危機管理案件までを担当しており、クロスボーダー案件も比較的多く扱っています。企業の競争力の源泉である技術等の背景を十分に理解した上で、適切な法的アドバイスを提供することを重視しています。

主な取扱ケース

2012年 エルピーダメモリ(製造,管財人代理 会社更生)

主な経歴

1993年
慶應義塾大学法学部卒業

2002年
Duke University School of Law 卒業(LL.M.)

2004年~2010年
上海事務所首席代表就任

セミナー情報 一覧を見る

2018.09.27
中国との技術取引の現在と今後
2018.07.27
中国との技術取引の現在と今後
2017.11.22
海外子会社と内部統制
2017.08.24
中国現地法人の不祥事対応・仮想事例を題材として
2017.07.21
【大阪】 香港返還20周年記念特別セミナー~ビジネスハブとしての香港の活用と実務上の留意点~
2017.07.13
中国における最近の法務事情~債権回収・取引相手の監査を題材として~
2017.04
【東京】 香港返還20周年記念特別セミナー ~ビジネスハブとしての香港の活用と実務上の留意点~
2016.12.13
中国における企業間提携契約の実務(提携の再編・終了の場面を題材として)
2016.11.14
中小企業の中国渉外案件への支援方法:弁護士の視点
2016.08.08
中国事業における債権回収、事業再編・撤退の実務
2016.05.18
海外事業の再編と撤退の実務~ 中国・韓国・インド事業にかかるケーススタディを通じて~
2015.09.17
債権回収・国際商事仲裁セミナー 「中国企業からの債権回収と仲裁手続の利用法」-仲裁機関関係者が語る仲裁手続を知る-
2015.05.12
中国事業のコンプライアンス
2014.05.27
「撤退におけるリスクの現実化を防ぐためのポイント」中国からの撤退・再編の実務セミナー
2011.07.20
近時の対中国直接投資関連法規と実務の動向
2009.05.26
日中企業間紛争の国際商事仲裁による解決

使用言語

日本語・英語・中国語(共通語)

ページTOPへ