海外子会社の不正・不祥事リスクへの初動対応、中国の事例も交えて

1. 海外子会社における有事対応の課題

2. 海外不祥事における調査主体(部署)の決定と対応体制の準備

2-1. 海外子会社の不祥事と日本本社の役割

2-2. 調査主体の決定における注意点

2-3. 海外子会社の経営陣の関与が疑われる場合

2-4. その他日本本社が調査を行うメリットがある場合

2-5. 初動における注意点

2-6. 調査手法の決定

2-7. 経営的な視点からの対応体制の準備と被害の拡大防止

3. 中国における不祥事事例の特徴とその対応

3-1. 中国における不祥事の特徴

3-2. 中国に多い不祥事の類型とその原因

3-3. 現地法人の現場視察・往査の重要性

3-4. 中国における経営上の対応措置実施に向けた留意点

執筆内容はこちらからご覧いただけます→https://business.bengo4.com/practices/1162

著者等: 松井 衡
書籍名・掲載誌:BUSINESS LAWYERS website
出版社等:弁護士ドットコム株式会社
取扱分野: グローバルコンプライアンス(海外子会社コンプライアンス) 中国
出版日: 2019年11月08日

松井 衡 に関する他の執筆情報

MORE

グローバルコンプライアンス(海外子会社コンプライアンス) に関する他の執筆情報

MORE

中国 に関する他の執筆情報

2020.02.10
中国子会社に対する不正調査における証拠保全のプロセス
2019.12
中国案例百選第274回 北京奇虎科技有限公司がテンセント社およびそのグループ会社が行った措置に対して市場の優越的地位濫用に該当するとした差止及び1.5億元の損害賠償を求めた事件
2019.11.08
海外子会社の不正・不祥事リスクへの初動対応、中国の事例も交えて
2019.09
中国ビジネスにおける広告表現の留意点
2019.05
中国における外国・渉外仲裁判断の承認執行の事例研究 第27回 会社登記機関における調査をしなかったことが、最後に知れたる住所地の調査が不十分であり、渉外仲裁裁決の不執行事由に該当するとして不執行の裁定をされた事例
2019.03.22
中国現地法人のコンプライアンス体制の構築 -取引の場面を中心に-
2018.12
オフィースフォーティーズ 企業法務シリーズ 中国民商法の理論と実務[130] 中国における広告・不当表示規制
2018.10.10
中国倒産実務 ~中国子会社と破産手続の活用等~
2018.04
中国における外国仲裁判断の承認・執行の事例研究 第14回 仲裁合意の準拠法について指定していない場合の仲裁合意の効力についての判断は、ニューヨーク条約第5条第1項(a)に従い仲裁地の法律に基づいて行うべきであるとした事例
2017.12
中国案例百選第250回 商標権等侵害警告書の送付等が不正競争行為として違法とされ損害賠償請求が認められた事例
2017.11
国際ビジネスハブとしての香港の法制度 その2
2016.12
中国における財産保全(最高人民法院の財産保全案件の処理に関する若干問題の規定を中心に)
2015.03
中国における技術契約の保証責任にかかる最高人民法院の判決の紹介
2014.03
中国法実務教本—進出から撤退まで
2004.03
模倣対策マニュアル : 中国編
1999.07
中国における外商投資企業のリストラおよび撤退実務(4)

MORE

お問い合わせはこちら

ページTOPへ