パートナー 酒匂 景範 Kagenori Sako

大阪弁護士会所属弁護士(2002年登録 55期)
ニューヨーク州弁護士(2010年登録)
公認不正検査士(2016年登録)
拠点:大阪事務所 (名古屋事務所兼務)

主な経歴

2001年
京都大学法学部卒業

2009年
UC Berkeley School of Law 卒業(LL.M.)

2009年~2010年
Weil, Gotshal & Manges LLP(Silicon Valley office)勤務

主な役職・公職等

2017年~
京都大学法科大学院 非常勤講師(「経済法事例演習」担当)

2016年~
神戸大学大学院法学研究科 TLP非常勤講師

2016年~
京都大学法学部 非常勤講師

日本経済法学会
関西経済法研究会
大阪弁護士会独禁法実務研究会 代表世話役
米国法曹協会反トラスト法部会
国際商取引学会

セミナー情報 一覧を見る

2019.03.18
【名古屋】事前に知っておきたい公取委審査への実務対応
2018.12.14
【大阪】事前に知っておきたい公取委審査への実務対応
2018.10.24
経営法友会 大阪月例会「米国FCPAの最新執行状況と日本企業が備えるべきポイント」
2018.10.22
日米競争法の最新動向
2018.07.19
危機管理・コンプライアンスへの対応策~米国法律事務所の最新実務を踏まえて~
2018.06.05
事業会社のための契約書作成の実務-改正民法の解説も織り込んで/【第3回】各論 業務委託契約等、販売提携契約等
2018.05.15
【名古屋】海外贈収賄規制の実務-中国、東南アジア諸国を中心に
2018.02.26
海外贈収賄規制の実務-中国、東南アジア諸国を中心に
2017.11.13
【名古屋】不祥事対応の実態と平時の備え(日本・中国のケースを参考に)
2017.10.18
【名古屋】公取委の立入検査と企業の初動対応
2017.03.10
事業会社リスク管理のための契約書作成の実務/【第5講】販売提携契約(代理店契約) 【第6講】フランチャイズ契約
2017.01.13
公取委の立入検査と企業の初動対応
2016.10.28
日本の独占禁止法とEU競争法における最近の動向
2016.10.05
【名古屋】カルテルのリスクと実務対応
2016.02.25
不公正な取引方法(優越的地位の濫用を除く)
2015.10.13
ビジネス ロー・フォーラム 「国際カルテルを巡る問題~巨額化する制裁金と刑事責任への対応~」
2015.05.26
国際的な独禁法調査への対応-ブラジル独禁法を例にとって
2015.03.03
ABA 2015 Asia Forum, "Protecting Your Client in an Era of Global Enforcement"
2015.02.12
国際ビジネス紛争で負けないためのエビデンス作成・管理の戦略~ディスカバリー・弁護士依頼人秘匿特権の積極的活用も交えて~
2013.07.25
国内・海外カルテルの最近の動向

専門誌等への掲載情報・受賞等

-Who's Who Legalによる独禁法分野の“Future Leaders 2018“ に選出
  ※参考情報:http://whoswholegal.com/profiles/85030/0/sako/kagenori-sako/

使用言語

日本語・英語

ページTOPへ