アソシエイト 櫻井 拓之 Takuyuki Sakurai

第一東京弁護士会所属(2009年登録 62期)
ニューヨーク州弁護士(2018年登録)
拠点:東京事務所

主な経歴

2006年
京都大学法学部卒業

2008年
京都大学法科大学院修了

2014年9月~2015年12月
任期付公務員として、金融庁総務企画局市場課に勤務
(平成27年改正金融商品取引法(適格機関投資家等特例業務制度の改正)の企画立案等を担当)

2017年
New York University School of Law(LL.M. in Corporation Law) 卒業

2017年9月~2018年3月
Harney Westwood & Riegels(Hong Kong) 勤務
(ケイマン籍ファンドその他のオフショア法務(ケイマン諸島法・英領バージン諸島法)に従事)

2018年4月
東京事務所に復帰

執筆情報 一覧を見る

2019.09.20
外為法上の対内直接投資等に係る事前届出業種の拡大とVCファンドへの影響
2019.08.28
投資事業有限責任組合(LPS)の無限責任組合員(GP)としての 有限責任事業組合(LLP)利用の理由・メリットと法的留意点
2019.06
ベンチャーキャピタルファンド契約の実務ー新契約例と時価評価の解説
2018.09.15
『投資事業有限責任組合契約(例)及びその解説』の公表(下)
2018.09.01
『投資事業有限責任組合契約(例)及びその解説』の公表(上)
2016.10
改正金融商品取引法とは?弁護士が解説する適格機関投資家等特例業務制度改正の対応ポイント
2016.06
平成27年改正金融商品取引法がPEファンド・VCファンドに与える影響と実務対応
2016.04
平成27年改正金融商品取引法に係る政府令等の改正の概要-適格機関投資家等特例業務の見直し等-
2016.03
平成27年改正金融商品取引法に係る政府令等の改正の解説〔下〕- 適格機関投資家等特例業務の見直し等 -
2016.03
平成27年改正金融商品取引法に係る政府令等の改正の解説〔上〕- 適格機関投資家等特例業務の見直し等 -
2016.02
逐条解説 2015年金融商品取引法改正
2015.08
【担当者解説】金融商品取引法の一部を改正する法律の概要—適格機関投資家等特例業務の見直し—
2014.12
実務解説 平成26年会社法改正

セミナー情報 一覧を見る

2019.11.21
【好評につき更新して再演】外国籍リミテッドパートナーシップの法務と実務 〜金融庁、経済産業省における法案・契約例作成担当者が運用者・投資家それぞれの立場から解説〜
2019.10.17
最新事情を踏まえたビジネス法務の重要論点⑤ FinTechと法規制 ~ペイメントビジネスと仮想通貨~
2019.08.30
外国籍リミテッドパートナーシップの法務と実務 〜金融庁、経済産業省における法案・契約例作成担当者が運用者・投資家それぞれの立場から解説〜
2019.04.16
外国籍リミテッドパートナーシップ投資の基礎と法律上の留意点
2018.12.11
仮想通貨法制の現状と展望
2018.10.12
日本ベンチャーキャピタル協会主催「ファンドマネジメント勉強会」
2018.06.26
主にVCファンド向けに見直された投資事業有限責任組合契約例の解説
2018.03.02
オフショアを活用した戦略的海外展開とプライベートエクイティファンド投資
2018.01.24
オフショアを活用した戦略的海外展開
2016.04.20
平成27年金融商品取引法改正等による『適格機関投資家等特例業務』等に関する新制度の導入について
2016.03.14
適格機関投資家等特例業務に関する制度改正について
2016.03.11
金商法改正【GP向け】説明会②(大阪会場)-金商法改正等にかかる概要について-
2016.03.08
適格機関投資家等特例業務規制の改正と実務対応‐立案担当者が改正のポイントを解説‐
2016.02.29
金商法改正【GP向け】説明会①(東京会場)-金商法改正等にかかる概要について-
2016.02.18
平成27年度金融商品取引法改正(適格機関投資家等特例業務の見直し)の概要

使用言語

日本語・英語

ページTOPへ