投資事業有限責任組合(LPS)の無限責任組合員(GP)としての 有限責任事業組合(LLP)利用の理由・メリットと法的留意点

1. はじめに
2. LLPがLPSのGPとなる理由・メリット① LPSの投資収益をGPへの分配と構成すること
3. LLPがLPSのGPとなる理由・メリット② GP構成員の有限責任性の確保
4. 法的留意点① LLPの有価証券該当性
5. 法的留意点② LPSの無限責任組合員登記
6. 法的留意点③ 適格機関投資家等特例業務の届出
7. 法的留意点④ LLP組合員間の損益分配
8. 法的留意点⑤ GPクローバックへの対応
9. 法的留意点⑥ LPSのキャピタルコールへの対応
執筆内容はこちらからご覧いただけます→ https://thefinance.jp/law/190828

著者等: 櫻井 拓之
書籍名・掲載誌:The Finance
出版社等:株式会社セミナーインフォ
取扱分野: プライベートエクイティー ファンド・インベストメントマネジメント 金融規制 ベンチャーキャピタル・ベンチャーファイナンス
出版日: 2019年08月28日

櫻井 拓之 に関する他の執筆情報

2021.03.26
注釈金融商品取引法【改訂版】〔第1巻〕定義・情報開示規制
2020.12
スタートアップ投資契約―モデル契約と解説
2020.09.14
暗号資産投資ファンドに係る法規制と留意点
2020.03.15
改正政府令案を踏まえた仮想通貨(暗号資産/電子記録移転権利)法改正の留意点―第2回・金融商品取引法-
2020.02.14
改正政府令案を踏まえた仮想通貨(暗号資産/電子記録移転権利)法改正の留意点―第1回・資金決済法―
2019.09.20
外為法上の対内直接投資等に係る事前届出業種の拡大とVCファンドへの影響
2019.06
ベンチャーキャピタルファンド契約の実務ー新契約例と時価評価の解説
2018.09.15
『投資事業有限責任組合契約(例)及びその解説』の公表(下)
2018.09.01
『投資事業有限責任組合契約(例)及びその解説』の公表(上)
2016.10
改正金融商品取引法とは?弁護士が解説する適格機関投資家等特例業務制度改正の対応ポイント
2016.06
平成27年改正金融商品取引法がPEファンド・VCファンドに与える影響と実務対応
2016.04
平成27年改正金融商品取引法に係る政府令等の改正の概要-適格機関投資家等特例業務の見直し等-
2016.03
平成27年改正金融商品取引法に係る政府令等の改正の解説〔下〕- 適格機関投資家等特例業務の見直し等 -
2016.03
平成27年改正金融商品取引法に係る政府令等の改正の解説〔上〕- 適格機関投資家等特例業務の見直し等 -
2016.02
逐条解説 2015年金融商品取引法改正
2015.08
【担当者解説】金融商品取引法の一部を改正する法律の概要—適格機関投資家等特例業務の見直し—
2014.12
実務解説 平成26年会社法改正

MORE

ベンチャーキャピタル・ベンチャーファイナンス に関する他の執筆情報

MORE

ファンド・インベストメントマネジメント に関する他の執筆情報

MORE

プライベートエクイティー に関する他の執筆情報

MORE

金融規制 に関する他の執筆情報

MORE

お問い合わせはこちら

ページTOPへ