消費者利益を不当に損ねた?/"組織的な囲い込み"、競争環境を歪めてないか/米国は取引実態にメス(2021年2月1日付 週刊住宅1面及び週刊住宅電子版)

2021年2月1日付 週刊住宅1面及び週刊住宅電子版「消費者利益を不当に損ねた?/"組織的な囲い込み"、競争環境を歪めてないか/米国は取引実態にメス」と題する記事に、当事務所の小田勇一弁護士のコメントが掲載されました。

詳細につきましては、上記週刊住宅1面、及び週刊住宅電子版 (外部サイト)(https://www.sjt.co.jp/)をご参照ください。

著者等: 小田 勇一
書籍名・掲載誌:週刊住宅1面及び週刊住宅電子版
出版社等:株式会社週刊住宅タイムズ
出版日: 2021年02月01日

小田 勇一 に関する他の執筆情報

2024.07.01
政令・規則・ガイドラインが公表!施行が迫るフリーランス新法への実務対応に向けて
2024.04.18
Cartels Laws and Regulations 2024 - Japan Chapter
2024.02.13
当事務所の小田勇一弁護士が作成協力した「アニメーション制作者・制作会社に向けた適正な契約関係普及のための研修会」テキスト教材等が掲載されました
2023.07.28
Getting the Deal Through - Government Investigations 2024 - Japan Chapter
2023.05.02
GLI Cartels 2023 - Japan Chapter
2022.05.21
基礎からわかる 下請関連法規制の枠組み(ビジネス法務 2022年7月号)
2022.05.13
The Legal 500 Country Comparative Guides - Japan CARTELS
2022.02
下請法の法律相談
2021.11.22
独占禁止法相談事例・下請法違反事例に学ぶ 企業間取引公正化に向けた実務ポイント(ビジネス法務 2022年1月号)
2021.10.05
The Legal 500 Comparative Guides - Japan Merger Control
2021.05.17
類型別独禁民事訴訟の実務
2021.04.16
Q&Aでわかる 業種別下請法の実務
2020.10.30
最新・改正独禁法と実務──令和元年改正・平成28年改正
2020.10.21
親事業者が今社内周知すべき8つのポイント 新型コロナ下における下請法対応・法執行動向の予測(ビジネス法務 2020年12月号)
2019.12.13
動き出したI Rビジネス~ 参入上の留意点~
2019.09.26
グローバル経済下の競争法の特色
2019.07
適切な事業運営のために 独占禁止法の重要ポイント再確認
2019.07.01
独禁法・下請法からみたフリーランスとの取引の留意点
2018.11
"Seeking Leniency in Japan," Cartel & Criminal Practice Committee Newsletter, Fall 2018
2018.08.23
かけ算で理解する独禁法の道標4 独禁法と刑訴法
2018.07.24
日本型IR(統合型リゾート)事業がついにスタート
2018.06.15
公正取引委員会の立入検査は突然に ~ 立入検査日当日に求められる対応とは~
2018.04.01
人事担当者が留意すべき独占禁止法上の諸問題 ー 日米競争当局の検討を契機として
2018.03
賃貸借契約における目的物返還義務と原状回復義務の微妙な関係に関する実務的考察
2016.12.20
Superior Bargaining Position under Antitrust Law
2013.11
[独禁法事例速報]コンビニエンスストア本部による見切り販売の制限を理由とした独禁法25条に基づく損害賠償請求事件
2009.09.15
独占禁止法改正をめぐって−差止訴訟における文書提出命令をめぐる特則等の導入
2009.08.20
平成21年改正独禁法の解説と分析

MORE

お問い合わせはこちら

ページTOPへ