動き出したI Rビジネス~ 参入上の留意点~

1 はじめに
2 IR事業者の株主
3 IR施設及び底地を賃貸する場合
4 カジノ関連機器等製造業等を営む事業者
5 カジノ施設以外の施設(会議場、展示場、ホテルやリクリエーション施設等)に係る運営受託業者等

著者等: 小野 洋一郎 小田 勇一

掲載: 危機管理・コンプライアンスニュースレター 2019年12月 臨時号


出版社等:弁護士法人大江橋法律事務所
取扱分野: 国際契約 不動産 インフラストラクチャー エンターテインメント 行政取締・行政規制・許認可
出版日: 2019年12月13日

小野 洋一郎 に関する他の執筆情報

2024.06.11
The Legal 500 Country Comparative Guides 2024 - Japan BRIBERY & CORRUPTION
2021.06
経営環境にあわせて各種特約の活用も「D&O保険見直しの検討ポイント」
2021.02.20
EU投資規則の概要と日系企業への影響
2020.09
Doing Business in Asia Pacific - IBA Asia Pacific Regional Forum, September 2020
2019.10.21
「英文契約書」読む力 他社事例に学ぶ!契約認識の齟齬から生じた実際のトラブル・対処法
2019.04.26
シンガポールのEコマースを中心とした消費者保護法制
2018.09.25
The New Law on Integrated Resorts in Japan
2018.07.24
日本型IR(統合型リゾート)事業がついにスタート
2016.08.20
特集 もっと伝わる法務英語 誤解を防ぐ!法務英語の落とし穴 2 メール・コミュニケーション
2016.06
シンガポールの個人情報保護法はどのような制度か
2014.07.01
アジア上場の実務Q&A─香港・シンガポール・台湾・韓国・タイの株式市場徹底比較
2013.10
アジアの法律事務所より 〜シンガポール編〜 (帝国ニュース No.13628)
2013.09
アジアの法律事務所より 〜シンガポール編〜 (帝国ニュース No.13608)
2013.08
アジアの法律事務所より 〜シンガポール編〜 (帝国ニュース No.13586)
2013.08
シンガポールにおけるM&A
2013.07
アジアの法律事務所より 〜シンガポール編〜 (帝国ニュース No.13566)
2013.06
アジアの法律事務所より 〜シンガポール編〜 (帝国ニュース No.13547)
2013.03
シンガポールで個人情報保護法が成立。今年から施行 事業者に求められる社内情報管理に関するコンプライアンス

MORE

小田 勇一 に関する他の執筆情報

2024.04.18
Cartels Laws and Regulations 2024 - Japan Chapter
2024.02.13
当事務所の小田勇一弁護士が作成協力した「アニメーション制作者・制作会社に向けた適正な契約関係普及のための研修会」テキスト教材等が掲載されました
2023.07.28
Getting the Deal Through - Government Investigations 2024 - Japan Chapter
2023.05.02
GLI Cartels 2023 - Japan Chapter
2022.05.21
基礎からわかる 下請関連法規制の枠組み(ビジネス法務 2022年7月号)
2022.05.13
The Legal 500 Country Comparative Guides - Japan CARTELS
2022.02
下請法の法律相談
2021.11.22
独占禁止法相談事例・下請法違反事例に学ぶ 企業間取引公正化に向けた実務ポイント(ビジネス法務 2022年1月号)
2021.10.05
The Legal 500 Comparative Guides - Japan Merger Control
2021.05.17
類型別独禁民事訴訟の実務
2021.04.16
Q&Aでわかる 業種別下請法の実務
2021.02.01
消費者利益を不当に損ねた?/"組織的な囲い込み"、競争環境を歪めてないか/米国は取引実態にメス(2021年2月1日付 週刊住宅1面及び週刊住宅電子版)
2020.10.30
最新・改正独禁法と実務──令和元年改正・平成28年改正
2020.10.21
親事業者が今社内周知すべき8つのポイント 新型コロナ下における下請法対応・法執行動向の予測(ビジネス法務 2020年12月号)
2019.09.26
グローバル経済下の競争法の特色
2019.07
適切な事業運営のために 独占禁止法の重要ポイント再確認
2019.07.01
独禁法・下請法からみたフリーランスとの取引の留意点
2018.11
"Seeking Leniency in Japan," Cartel & Criminal Practice Committee Newsletter, Fall 2018
2018.08.23
かけ算で理解する独禁法の道標4 独禁法と刑訴法
2018.07.24
日本型IR(統合型リゾート)事業がついにスタート
2018.06.15
公正取引委員会の立入検査は突然に ~ 立入検査日当日に求められる対応とは~
2018.04.01
人事担当者が留意すべき独占禁止法上の諸問題 ー 日米競争当局の検討を契機として
2018.03
賃貸借契約における目的物返還義務と原状回復義務の微妙な関係に関する実務的考察
2016.12.20
Superior Bargaining Position under Antitrust Law
2013.11
[独禁法事例速報]コンビニエンスストア本部による見切り販売の制限を理由とした独禁法25条に基づく損害賠償請求事件
2009.09.15
独占禁止法改正をめぐって−差止訴訟における文書提出命令をめぐる特則等の導入
2009.08.20
平成21年改正独禁法の解説と分析

MORE

エンターテインメント に関する他の執筆情報

MORE

国際契約 に関する他の執筆情報

2024.03
東南アジア4か国の不動産法制と実務対応~フィリピン、インドネシア、ラオス、カンボジア~
2023.11
複数国にまたがって創出された発明と外国出願制限-関係国の制度の衝突と対応-
2023.06.23
Eコマースの海外展開における留意点
2023.01.13
米国EARの域外適用の拡大(直接製品ルール)
2022.10
タックス・ヘイブン対策税制―法律家の活動の成果と今後の課題―
2022.03.31
[判例研究]イングランド契約法における近時の最高裁判決(7)(中央ロー・ジャーナル第18巻第4号)
2022.01.21
中国の反外国制裁法と外資企業の留意点
2021.12.20
[判例研究]イングランド契約法における近時の最高裁判決(6)(中央ロー・ジャーナル第18巻第3号)
2021.12
Part 3 - Standard Clauses "Boilerplate" agreement: Japan(Practical Law, Thomson Reuters)(共著)
2021.12
Part 2 - Standard Clauses "Boilerplate" agreement: Japan(Practical Law, Thomson Reuters)(共著)
2021.11.30
東南アジア4か国のジョイント・ベンチャー法制と実務対応―インドネシア・マレーシア・タイ・ベトナム
2021.11
International Comparative Legal Guides: Private Equity 2021, Japan Chapter
2021.09
[判例研究]イングランド契約法における近時の最高裁判決(5)(中央ロー・ジャーナル第18巻第2号)
2021.09
Part 1 - Standard Clauses "Boilerplate" agreement: Japan(Practical Law, Thomson Reuters)(共著)
2021.06
[判例研究]イングランド契約法における近時の最高裁判決(4)(中央ロー・ジャーナル第18巻第1号)
2021.03
[判例研究]イングランド契約法における近時の最高裁判決(3)(中央ロー・ジャーナル第17巻第4号)
2020.12
[判例研究]イングランド契約法における近時の最高裁判決(2)(中央ロー・ジャーナル第17巻第3号)
2020.09
[判例研究]イングランド契約法における近時の最高裁判決(1)(中央ロー・ジャーナル第17巻第2号)
2020.06.15
【連載】いわゆるボイラープレート("BP")条項の研究 第14回(国際商事法務 Vol.48, No.6, 2020)
2019.12
国際法務概説
2019.12
中東諸国の代理店保護法(JCAジャーナル 2019年12月号)
2019.12.13
動き出したI Rビジネス~ 参入上の留意点~
2019.12.10
【連載】イギリス契約法の理論と実務(完) 第23回 契約違反と救済措置(JCAジャーナル2019年12月号)
2019.11.10
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第22回 契約の終了(JCAジャーナル2019年11月号)
2019.10.10
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第21回 契約の終了(JCAジャーナル2019年10月号)
2019.08.10
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第20回 契約責任を無効化する要素(JCAジャーナル2019年8月号)
2019.07.10
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第19回 契約責任を無効化する要素(JCAジャーナル2019年7月号)
2019.06.10
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第18回 契約責任を無効化する要素(JCAジャーナル2019年6月号)
2019.05.21
海外販売店契約で頻発するトラブルとその対応策
2019.05.10
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第17回 契約責任を無効化する要素(JCAジャーナル2019年5月号)
2019.04.10
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第16回 契約責任を無効化する要素(JCAジャーナル2019年4月号)
2019.03.10
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第15回契約成立後の問題(JCAジャーナル2019年3月号)
2019.02.10
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第14回契約成立後の問題(JCAジャーナル2019年2月号)
2019.01
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第13回契約成立後の問題(JCAジャーナル2019年1月号)
2018.12
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第12回契約成立後の問題(JCAジャーナル2018年12月号)
2018.11
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第11回契約関係と第三者の問題(JCAジャーナル2018年11月号)
2018.10
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第10回有効で拘束力ある契約成立に向けて(2)(JCAジャーナル2018年10月号)
2018.09
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第9回有効で拘束力ある契約成立に向けて(2)(JCAジャーナル2018年9月号)
2018.08
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第8回有効で拘束力ある契約成立に向けて(2)(JCAジャーナル2018年8月号)
2018.07.24
日本型IR(統合型リゾート)事業がついにスタート
2018.07
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第7回有効で拘束力ある契約成立に向けて(2)(JCAジャーナル2018年7月号)
2018.06
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第6回有効で拘束力ある契約成立に向けて(2)(JCAジャーナル2018年6月号)
2018.05
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第5回有効で拘束力ある契約成立に向けて(2)(JCAジャーナル2018年5月号)
2018.04
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第4回有効で法的拘束力・執行力ある契約成立に向けて(Ⅰ)(JCAジャーナル2018年4月号)
2018.03
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第3回有効で拘束力ある契約成立に向けて(Ⅰ)(JCAジャーナル2018年3月号)
2018.02
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第2回有効で拘束力ある契約成立に向けて(Ⅰ)(JCAジャーナル2018年2月号)
2018.01
【連載】イギリス契約法の理論と実務 第1回序論(JCAジャーナル2018年1月号)
2017.11
国際ビジネスハブとしての香港の法制度 その2
2016.12
TPP Web解説「2.4 内国民待遇及び物品の市場アクセス(農業)」(独立行政法人経済産業研究所)(共著)
2016.11
TPP Web解説「2.2 内国民待遇及び物品の市場アクセス(関税)」(独立行政法人経済産業研究所)(共著)
2016.10
TPP Web解説「4 繊維及び繊維製品」(独立行政法人経済産業研究所)(共著)
2016.09
TPP Web解説「3 原産地規則及び原産地手続」(独立行政法人経済産業研究所)(共著)
2016.09
TPP Web解説「24 中小企業」(独立行政法人経済産業研究所)(共著)
2016.09
TPP Web解説「22 競争力及びビジネスの円滑化」(独立行政法人経済産業研究所)(共著)
2016.01.24
China Outbound Investment Guide 2016 , Japan Chapter

MORE

インフラストラクチャー に関する他の執筆情報

MORE

行政取締・行政規制・許認可 に関する他の執筆情報

MORE

不動産 に関する他の執筆情報

2024.06.11
Basic Structure of Real Estate Finance in Japan
2024.03
東南アジア4か国の不動産法制と実務対応~フィリピン、インドネシア、ラオス、カンボジア~
2022.11.18
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第6回】経営戦略として欠かせない、ダイバーシティの潮流~労働環境、D&I、LGBTQの重要論点
2022.07.07
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第1回】 押えておくべきサステナブル・ファイナンスとESG投資との関係
2022.06.30
Q&A 所有者不明土地関連法
2021.07
ビジネス法務Q&A─コロナ禍における法律上の諸問題・請負契約における留意点
2021.03
新型コロナウイルスと企業法務 ─ with corona / after corona の法律問題
2020.10
ウィズコロナ/アフターコロナにおける商業用不動産の賃貸借
2020.05.06
【コロナ特集:不動産】テナント休業に伴う賃料減免について
2019.12.13
動き出したI Rビジネス~ 参入上の留意点~
2018.07.24
日本型IR(統合型リゾート)事業がついにスタート
2018.07.10
債務者所有の不動産を占有している場合の債権回収 ~不動産を商事留置権の対象と認めた平成29年12月14日最高裁判例について~
2018.03
賃貸借契約における目的物返還義務と原状回復義務の微妙な関係に関する実務的考察
2012.07
論文/不動産の流動化における受益者・マスターレッシーの倒産
2009.11
不動産の流動化における受益者・マスターレッシーの倒産(下)
2009.10
不動産の流動化における受益者・マスターレッシーの倒産(上)

MORE

お問い合わせはこちら

ページTOPへ