パートナー 小田 勇一 Yuichi Oda

東京弁護士会所属(2016年登録 60期)(大阪弁護士会2007年登録より2016年に登録変更)
ニューヨーク州弁護士(2016年登録)
拠点:東京事務所

主な経歴

2004年
一橋大学法学部卒業

2006年
一橋大学法科大学院修了

2015年5月
Washington University in St. Louis School of Law 卒業(LL.M.)

2015年9月~2016年7月
Weil, Gotshal & Manges LLP(New York)Antitrust Section 勤務

主な役職・公職等

日本経済法学会
米国法曹協会反トラスト法部会
東京弁護士会独占禁止法部会
東京弁護士会不動産法部会
国際競争ネットワーク(ICN)非政府アドバイザー

執筆情報 一覧を見る

2020.10.30
最新・改正独禁法と実務──令和元年改正・平成28年改正
2020.10.21
親事業者が今社内周知すべき8つのポイント 新型コロナ下における下請法対応・法執行動向の予測(ビジネス法務 2020年12月号)
2019.12.13
動き出したI Rビジネス~ 参入上の留意点~
2019.09.26
グローバル経済下の競争法の特色
2019.07
適切な事業運営のために 独占禁止法の重要ポイント再確認
2019.07.01
独禁法・下請法からみたフリーランスとの取引の留意点
2018.11
"Seeking Leniency in Japan," Cartel & Criminal Practice Committee Newsletter, Fall 2018
2018.08.23
かけ算で理解する独禁法の道標4 独禁法と刑訴法
2018.07.24
日本型IR(統合型リゾート)事業がついにスタート
2018.06.15
公正取引委員会の立入検査は突然に ~ 立入検査日当日に求められる対応とは~
2018.04.01
人事担当者が留意すべき独占禁止法上の諸問題 ー 日米競争当局の検討を契機として
2018.03
賃貸借契約における目的物返還義務と原状回復義務の微妙な関係に関する実務的考察
2016.12.20
Superior Bargaining Position under Antitrust Law
2013.11
[独禁法事例速報]コンビニエンスストア本部による見切り販売の制限を理由とした独禁法25条に基づく損害賠償請求事件
2009.09.15
独占禁止法改正をめぐって−差止訴訟における文書提出命令をめぐる特則等の導入
2009.08.20
平成21年改正独禁法の解説と分析

セミナー情報 一覧を見る

2020.12.10 ~2021.02.26
【Webセミナー】最新・改正独禁法と実務~改正法施行に向けて企業に求められる対応とは~
2020.05.21
60分でポイントを押さえる独占禁止法をめぐる最近の動向
2020.01.30
シンポジウム 「新時代の産業イノベーションと、その法律課題を洞察する」
2019.11.14
最新事情を踏まえたビジネス法務の重要論点⑨ 令和元年独禁法改正と公取委調査実務
2019.11.11
いま、ここにある危機 ~令和元年独禁法改正により再考を迫られる実務対応~
2019.11.08
NYSBA International Section - Global Conference 2019 - Panel 12 Competition Enforcement of Digital Platforms in the US and Japan
2018.09.14
【大阪】統合型リゾート(IR)がついにスタート ~特定複合観光施設区域整備法のポイントとIR関連事業の参入上の留意点~
2018.09.07
【東京】統合型リゾート(IR)がついにスタート ~特定複合観光施設区域整備法のポイントとIR関連事業の参入上の留意点~
2018.06.15
キャッチアップ独禁法 ~近時のトピックを中心に~
2017.11.28
米国における反トラスト法とクロスボーダーM&Aの最新実務~国際カルテル調査・訴訟・M&A対応において日本企業が留意すべきこと~
2017.08.29
独禁法を巡る近時の動向と実務対応
2016.12.06
ビジネスの局面ごとに見た独禁法・下請法・景表法上のリスクとその対応 ~調達、開発、マーケティングにおける違反防止策~

使用言語

日本語・英語

ページTOPへ