【大阪】職務発明制度改正と今後の実務対応について

2017.06.15

平成27年特許法改正により、職務発明につき原始使用者帰属が許容され、従業者に対する報奨については金銭以外の利益を付与することも可能とされ、さらに「相当の利益」の決定手続につきガイドラインを定めることとされました。
このような改正を前提として、企業の実務動向にどのような傾向がみられるか、今後どのような職務発明管理を行っていくべきか等について俯瞰した上で、具体的にはいかなる職務発明規程を作成するべきか、規程のドラフトにおいて特に検討を要する点を中心に、具体的な条項例を示しながら、平成27年特許法改正後の実務対応について解説を行います。

※お申込みフォームはこちら※

分野:知財取引(特許・商標・意匠・著作権・ノウハウ) ライセンス・フランチャイズ

日時: 2017年06月15日(木) 16時00分~ 18時15分
セミナー会場:中之島フェスティバルタワー26階会議室(大阪市北区中之島2-3-18)
講演者等:古庄 俊哉
主催等:(主催)弁護士法人 大江橋法律事務所 (後援)公益社団法人 関西経済連合会  
定員:100名

古庄 俊哉 に関する他のセミナー情報

2021.10.11
【オンラインセミナー:録画配信】ライフサイエンスプラクティス セミナー第3回:ライフサイエンス分野における共同研究開発契約のポイント
2021.10.05
【オンラインセミナー】ライフサイエンスプラクティス セミナー第3回:ライフサイエンス分野における共同研究開発契約のポイント
2021.07.21
【録画配信】国際法務セミナーシリーズ全10回
2021.02.16
【オンラインセミナー:録画配信】国際法務セミナー シリーズ第2回:海外企業との知的財産契約 -秘密保持契約、ライセンス契約、共同研究開発契約を題材として-
2021.02.10
【オンラインセミナー】国際法務セミナー シリーズ第2回:海外企業との知的財産契約 -秘密保持契約、ライセンス契約、共同研究開発契約を題材として-
2019.08.20
特許権侵害における損害賠償額の算定に関する最新立法と判例の動向
2018.12.10
【名古屋】紛争事例に学ぶ共同研究開発契約書ドラフティングのポイント
2018.11.14
紛争事例に学ぶ共同研究開発契約書ドラフティングのポイント
2017.11.06
知的財産権違反と刑事手続~知的財産権違反の一般予防効果を高める一つの戦略として刑事手続の利用を考える~
2017.08.01
【名古屋】職務発明制度改正と今後の実務対応について
2017.06.05
【東京】職務発明制度改正と今後の実務対応について
2016.04.04
マイナンバー -知っておくべきこと&すべきこと-
2016.03.11
「欧州及び日本における個人情報保護法制の最近の動向」に関するセミナー
2015.11.11
「出願・争訟局面における秘匿特権確保に向けた実務的留意点 ~米国における弁護士依頼者間秘匿特権・ワークプロダクト論-日本企業への実務的アドバイス~」 米国特許セミナー
2015.08.26
マイナンバー制度 実務対応セミナー ~制度の概要から業務フローの構築、実務対応上のポイントまでを総まとめ~
2015.07.08
知的財産法セミナー 企業における職務発明制度の運用について~現行法及び改正法を見据えて~
2015.01.20
欧州における近時の知的財産権に関する判決
2014.05.28
ミャンマー知的財産セミナー

MORE

ライセンス・フランチャイズ に関する他のセミナー情報

2021.09.29
【オンラインセミナー】フランチャイズ事業の法的留意点―フランチャイザーに対する法務デューディリジェンスの場面を前提に―
2021.07.21
【録画配信】国際法務セミナーシリーズ全10回
2021.02.16
【オンラインセミナー:録画配信】国際法務セミナー シリーズ第2回:海外企業との知的財産契約 -秘密保持契約、ライセンス契約、共同研究開発契約を題材として-
2021.02.10
【オンラインセミナー】国際法務セミナー シリーズ第2回:海外企業との知的財産契約 -秘密保持契約、ライセンス契約、共同研究開発契約を題材として-
2019.11.28
最新事情を踏まえたビジネス法務の重要論点⑩ 知的財産の活用(ライセンス)
2019.08.06
【東京】90分で要点を解説する中外合弁契約と技術ライセンスの留意点~外商投資法制定を踏まえて~
2019.07.05
【大阪】90分で要点を解説する中外合弁契約と技術ライセンスの留意点~外商投資法制定を踏まえて~
2018.05.30
【大阪】90分で分かる!平成27年特許法改正後の職務発明制度の動向と残された課題
2018.05.24
【東京】90分で分かる!平成27年特許法改正後の職務発明制度の動向と残された課題
2017.10.24
国際技術ライセンス契約の基本実務-読解・ドラフティングの必須知識-
2017.09.28
-東南アジア進出法務- ドゥテルテ大統領就任から一年、変化が続くフィリピン法務の最新事情 ~フィリピンにおける新しいビジネス展開のヒント~
2017.08.01
【名古屋】職務発明制度改正と今後の実務対応について
2017.06.14
【名古屋】AIと知的財産権法・個人情報保護法
2017.06.05
【東京】職務発明制度改正と今後の実務対応について
2017.05.26
【2回シリーズセミナー】第2回 中国、日本、米国における特許訴訟の戦略的対応
2017.03.10
事業会社リスク管理のための契約書作成の実務/【第5講】販売提携契約(代理店契約) 【第6講】フランチャイズ契約

MORE

知財取引(特許・商標・意匠・著作権・ノウハウ) に関する他のセミナー情報

2022.01.24
【オンラインセミナー】NFTの仕組みとNFT取引に関する法的論点
2021.12.11
2021年度医療イノベーション人材養成プログラム 特別講演会
2021.11.29
発明の進歩性に関する裁判例の動向と今後の課題~近時の最高裁判例と知財高裁大合議判決を踏まえて~
2021.11.10
知的財産に関する研修会2021-知財実務の最新動向を踏まえて-
2021.10.20
国際知財司法シンポジウム2021 ‐アジアにおける知的財産紛争解決‐
2021.09.25
「プラットフォームビジネスとしての電子商取引をめぐる法規制の在り方」公開研究会
2021.09.01
JCAA主催:英文契約セミナー各論編「海外取引における秘密保持契約の実務」
2021.08.27
【オンラインセミナー】実務に効く知財裁判例アップデート
2021.07.21
【録画配信】国際法務セミナーシリーズ全10回
2021.05.25
-トライボロジー会議2021 春 東京-「著作権とCCライセンスについて」
2021.02.16
【オンラインセミナー:録画配信】国際法務セミナー シリーズ第2回:海外企業との知的財産契約 -秘密保持契約、ライセンス契約、共同研究開発契約を題材として-
2021.02.10
【オンラインセミナー】国際法務セミナー シリーズ第2回:海外企業との知的財産契約 -秘密保持契約、ライセンス契約、共同研究開発契約を題材として-
2021.02.03
大阪大学シンポジウム「AIをめぐる法学の最前線-AI・ビッグデータ・プライバシー」
2021.01.15
【オンラインセミナー:録画配信】中国法務アップデート②
2020.12.15
【オンラインセミナー:録画配信】中国法務アップデート①
2019.11.08
NYSBA International Section - Global Conference 2019 - Panel 11 Cross-Border Protection of Design
2019.08.27
【東京】本年7月1日施行 改正不正競争防止法セミナー
2019.08.20
特許権侵害における損害賠償額の算定に関する最新立法と判例の動向
2019.07.09
【名古屋】本年7月1日施行 改正不正競争防止法セミナー
2018.12.21
中国との「テクノロジー」をめぐる取引の現在と今後 ~米国の対中テクノロジー関連政策を参考として~
2018.12.10
【名古屋】紛争事例に学ぶ共同研究開発契約書ドラフティングのポイント
2018.11.16
中国との技術取引の現在と今後
2018.11.14
紛争事例に学ぶ共同研究開発契約書ドラフティングのポイント
2018.11.09
フィリピン法務アップデート ~フィリピンにおける新しいビジネス展開のヒント~
2018.07.27
中国との技術取引の現在と今後
2018.07.25
INCA(国際企業法務協会)知財研究会 「不競法及び著作権法による商品・店舗デザインの保護」
2018.05.30
【大阪】90分で分かる!平成27年特許法改正後の職務発明制度の動向と残された課題
2018.05.24
【東京】90分で分かる!平成27年特許法改正後の職務発明制度の動向と残された課題
2018.02.27
日本・米国・中国の均等論の近年の動向について
2018.01.16
国際的観点からみた知的財産訴訟の実務とこれから ~設樂知財高裁前所長に聞く~
2017.11.02
2017 中小企業のための知財活性化セミナー ~三重県企業の知財戦略強化に向けて~
2017.08.25
事業開発・研究開発における パーソナルデータの利活用 ~改正個人情報保護法等を踏まえた最新実務~
2017.08.01
【名古屋】職務発明制度改正と今後の実務対応について
2017.07.25
日本、米国、中国における特許権の消尽
2017.07.04
【名古屋】 中国・ASEANにおける知的財産権の管理
2017.06.14
【名古屋】AIと知的財産権法・個人情報保護法
2017.06.05
【東京】職務発明制度改正と今後の実務対応について
2017.05.26
【2回シリーズセミナー】第2回 中国、日本、米国における特許訴訟の戦略的対応
2017.05.19
【東京】 中国・ASEANにおける知的財産権の管理
2017.05.12
【2回シリーズセミナー】第1回 中国・ASEANにおける知的財産権の管理
2017.04.10
事業開発・研究開発から見た個人情報の利活用
2017.03.24
弁護士が教える「社長さん、それは危険です」⑥クイズと実例から学ぶ「海外取引の落とし穴」
2016.11.15
TPP協定がもたらす知財分野への影響
2014.07.01
中国における知的財産侵害紛争に対処するための法的手続の実務
2014.06.01
TPPにおける知的財産分野の交渉
2014.04.01
経済連携協定交渉の経緯・現状と展望
2014.02.01
経済連携諸国のイノベーション及び知財制度の現状と展望
2013.11.28
我が国の経済連携協定(EPA)における知的財産分野の交渉
2012.11.18
経済連携協定(EPA)と知的財産

MORE

お問い合わせはこちら

ページTOPへ