改正民法施行前に確認するITビジネス契約の重要ポイント~システム開発契約、ライセンス契約等の実務を中心に~

2019.06.18

システム開発契約やライセンス契約は、IT関連サービスを提供する会社や当該サービスの提供を受ける会社の両社の関係を規律する等、その事業運営に重要な役割を果たします。そこで、これらの契約の主要な条項、ガイドラインや重要な裁判例等を踏まえた紛争の予防、とりわけ2020年4月に施行される改正民法を踏まえたドラフティングの仕方を理解することは重要です。また、近年試行錯誤の中で開発が進むAI技術に関する契約の特徴を理解することも欠かせません。

本セミナーでは、上記の内容を、ポイントを絞ってわかりやすく解説します。

<プログラム>

1 契約に関連する改正民法の内容及び契約への影響の概要
2 システム開発契約等の重要項目及び改正民法の影響等
   システム開発契約の重要項目
   システム開発契約に関する重要裁判例等
   システム開発契約の条項への改正民法の影響
   システム開発契約に関する契約書チェックリスト
   (参考)AI技術に関する開発契約の特徴、留意点
3 ライセンス契約の重要項目及び改正民法の影響等
   ライセンス契約(特許・ソフトウェア等)の重要項目(約款でないもの)
   ライセンス契約に関する重要裁判例等
   ライセンス契約の条項への改正民法の影響
   ライセンス契約に関する契約書チェックリスト

※最新の内容を反映させるため、当日のプログラムは多少変更となる可能性があります。

受講料:18,000円(税別)
※ 参加費は事前に銀行振込にてお支払ください。
※ お振込み先情報は受講票メールにてお知らせいたします。
※ 参加費の振込み手数料はお客様のご負担にてお願いします。

お問合せ先
レクシスネクシス・ジャパン株式会社
ビジネスロー・ジャーナル  広告・出版部セミナー担当
Email: seminar@lexisnexis.co.jp

日時: 2019年06月18日(火) 14時00分~ 16時30分
セミナー会場:山王健保会館 2F会議室(東京都港区赤坂2丁目5−6 トスラブ山王健保会館)
講演者等:廣瀬 崇史
主催等:レクシスネクシス・ジャパン株式会社 / ビジネスロー・ジャーナル
定員:50名

お問い合わせはこちら

ページTOPへ