終了【オンラインセミナー】新型コロナウイルス対策関連① 労務対応から不可抗力免責条項の解釈・取引先倒産時の対応まで

2020.05.14

 新型コロナウイルス(COVID-19)(以下「コロナウイルス」)の感染は東アジアから世界に広がり、WHOによるパンデミック宣言(3/11)、日本政府による緊急事態宣言(4/7、4/16)など、収束の兆しが見えません。
 当事務所では、昨今の情勢を踏まえ、新型コロナウイルス対策セミナーとして、以下のテーマについて企業が直面しうる問題への対応や実務上の留意点等を5/14(木)・5/15(金)の2日間にわたり、ご説明いたします。

第1回:5/14(木)
労務対応から不可抗力免責条項の解釈・取引先倒産時の対応まで

(1)コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、企業による全面的な在宅勤務の推奨・実施、必需でない店舗や施設の休業に伴う従業員・派遣労働者の自宅待機等、これまで想定しなかった事態への労務対応の留意点、
(2)国内外での人やモノの移動の制約/停滞が企業の経済活動の妨げとなり、取引先や自社の債務の履行が困難になった際の不可抗力免責条項等の契約解釈、取引先倒産時の対応等の実務的なポイントを広くご説明いたします。

●費用:無料

●ご留意点: 配信において細心の注意を払ってはおりますが、電波状況・ご使用のネット環境・ツールにおいて接続・音声の乱れというものが生じ、画面がかたまる・音声が聞き取りづらい等の支障が起こる場合がございますこと、あらかじめご留意・ご容赦くださいませ。

定員に達したため、お申込を締め切りました。たくさんのお申込、ありがとうございました。

日時: 2020年05月14日(木) 15時00分~ 16時30分
講演者等:髙田 真司 宮本 聡
主催等:弁護士法人大江橋法律事務所
定員:200名 ※本セミナーは先着順となります。先着順につき、定員に達し次第申込みを終了させて頂きますことを事前にご了承頂けますと幸いです。

髙田 真司 に関する他のセミナー情報

MORE

宮本 聡 に関する他のセミナー情報

MORE

お問い合わせはこちら

ページTOPへ