米国における反トラスト法とクロスボーダーM&Aの最新実務~国際カルテル調査・訴訟・M&A対応において日本企業が留意すべきこと~

2017.11.28

 近来、米国・欧州・日本をはじめとする競争当局は国際カルテルに対する取締りを強化しており、グローバル企業の独禁法リスクは増化の一途を辿っています。特に米国や欧州、日本の当局から、多くの日本企業が厳しい制裁を受けており、まさに独禁法リスクの渦の中にいる状況です。また、2017年1月のトランプ政権誕生を契機として、米国では、M&Aの動向や米国司法省・米国連邦取引委員会の人事をはじめとして、オバマ政権下とは違った新たな動きが見られます。
 この度、大江橋法律事務所では「米国における反トラスト法とクロスボーダーM&Aの最新実務」と題してセミナーを開催いたします。本セミナーは、米国を代表する法律事務所のひとつであるWilson Sonsini Goodrich & Rosati より反トラスト法、クロスボーダーM&Aを専門に取り扱う弁護士をお招きして、米国・日本における競争当局の最新動向についてご説明頂きます。

 講演では、まず、第1部として、日本の公正取引委員会、米国司法省、および米国連邦取引委員会の最新動向をご説明します。主なトピックは、以下のとおりです。
 ● 日本での近時の独禁法運用の柔軟化と多様化、及びその対応について
 ● 日本での課徴金制度改革と秘匿特権の検討状況、企業結合審査の最新動向等
 ● 米国司法省の最近の起訴事例、リニエンシー制度の明確化、国際適用のための反トラスト法ガイドラインの説明
 ● 米国連邦取引委員会による規制の見直し、及び執行状況について

 第2部として、日本企業が米国のカルテル調査を受けた際の一般的な調査プロセス、及び訴訟へ発展した際の対応策などを解説します。 そして最後に第3部として、日本企業がクロスボーダーM&Aを行う際の留意点や反トラスト法がM&Aに及ぼす影響等について触れる予定です。

 なお、本セミナーでのWilson Sonsini Goodrich & Rosatiの弁護士によるプレゼンテーションは英語で行われますが、逐次通訳にて日本語で解説いたします。大江橋法律事務所の弁護士によるプレゼンテーションは日本語で行われます。

是非この機会にご参加頂けますと幸いです。皆様のご来所をお待ちしております。

お申込はこちら ※本セミナーは先着順となります。先着順につき、定員に達し次第申込みを終了させて頂きますことを事前にご了承頂けますと幸いです。

講師
Wilson Sonsini Goodrich & Rosati Professional Corporation
弁護士 Mark Rosman (Partner, Washington, D.C. office)専門分野:反トラスト法。司法省に20年間勤務し、国際カルテルを含む多数の大型カルテルの調査・訴訟に関与。
弁護士 Chul Pak (Partner, New York office)専門分野:反トラスト法。連邦取引委員会への勤務経験を有し、反トラスト法関連の訴訟、企業結合対応等に関与。
弁護士 Wendy Waszmer (Partner, New York office)専門分野:反トラスト法。司法省において反トラスト法に関する民事・刑事の調査・訴訟を担当。
弁護士 Rob Ishii (Partner, San Francisco office)専門分野:クロスボーダーM&A。シニアパートナーとして多数のクロスボーダーM&Aを手掛ける。
弁護士 Jeffrey Bank(Of Counsel, New York office)専門分野:反トラスト法。連邦取引委員会への勤務経験を有し、国際カルテルを含む反トラスト法関連の調査や訴訟等の対応に幅広く関与。

弁護士法人大江橋法律事務所
弁護士・代表パートナー 国谷 史朗
弁護士・パートナー 山口 拓郎
弁護士・カウンセル 植村 幸也
弁護士 小田 勇一
弁護士 宮本 聡

***********************************************************************************************
Wilson Sonsini Goodrich & Rosati Professional Corporationについて
米国シリコンバレーに本拠地を置く、米国を代表する総合法律事務所です。世界に15拠点を有し、800名以上の弁護士を擁し、迅速かつ的確なリーガルサービスを世界各国の顧客に提供することで、長きに渡って高い評価を受けています。https://www.wsgr.com/

分野:M&A・企業再編・事業提携 当局調査対応 公正取引関連訴訟 企業結合審査対応 公正取引コンサルティング 公正取引コンプライアンス

日時: 2017年11月28日(火) 17時00分~ 18時30分
セミナー会場:大江橋法律事務所 東京事務所(東京都千代田区丸の内2-2-1 岸本ビル2階) 詳しくはこちら
講演者等:国谷 史朗 山口 拓郎 小田 勇一 宮本 聡
主催等:(主催)弁護士法人大江橋法律事務所 (共催)Wilson Sonsini Goodrich & Rosati
定員:50名

国谷 史朗 に関する他のセミナー情報

2018.07.19
危機管理・コンプライアンスへの対応策~米国法律事務所の最新実務を踏まえて~
2018.02.28
【東京】臨床研究法とコンプライアンス
2017.09.14
【大阪】 東南アジアにおけるコーポレートと紛争解決の最新実務
2017.09.13
【東京】 東南アジアにおけるコーポレートと紛争解決の最新実務
2017.06.22
日本版司法取引と企業対応
2016.11.28
コンプライアンスセミナー(U.K、仏、独、日本法比較)
2016.06.18
国際弁護士と法制度整備支援
2015.10.14
システム開発の受発注に関する紛争予防と解決-スルガ銀行vs.IBM事件からの教訓
2015.09.17
債権回収・国際商事仲裁セミナー 「中国企業からの債権回収と仲裁手続の利用法」-仲裁機関関係者が語る仲裁手続を知る-
2015.07.24
コーポレードガバナンス・コードと経営倫理 「社外役員と弁護士から見たコーポレートガバナンス・コード対応」
2012.11.30
国際仲裁(センター)が成功する要素
2012.05.09
民法改正
2012.04.17
債権法改正について
2012.01.01
中小企業の国際化とイノベーション
2007.11.15
企業再編に伴うライセンス契約の取り扱い
2006.07.01
M & Aと契約交渉、法務デューディリジェンスの実務
2006.05.16
平成18年株主総会における留意事項~新会社法における実務上の留意点~
2003.10.31
日本企業による国際戦略的取引、M & A
2003.03.28
内部告発と監査役-コンプライアンスの視点から-
2002.01.24
M&A・企業再編における契約実務
2002.01.21
企業・金融法制のグローバリゼーションとリーガルサービス
2001.11.19
国際的M&A
2001.11.16
契約交渉の理論と実務-ライセンス契約を中心として
2001.01.30
リスク管理における企業の対応と法務部門の役割―最近の企業事件から学ぶ
2000.11.20
国際的M&A
2000.10.31
欧米の会社法制及び弁護士の視点から見た日本の監査役制度
1999.07.27
コンピュータ2000年問題と法的責任
1999.06.03
コンピュータ2000年問題と法的責任
1998.12.01
執行役員制等取締役改革
1998.11.01
企業倫理とコーポレート・ガヴァナンス
1998.01.16
日米倒産法の比較/事業に失敗した企業家の再起システム
1997.03.07
米国進出, 撤退の法的留意点
1996.09.28
製造物責任の理論と実務
1996.04.26
新興経済圏と日本におけるADR(代替的紛争解決方法)
1995.03.16
合弁事業契約
1994.08.07
GATTと国際的法律実務:国際弁護士に関する新ルール
1994.04.01
技術移転と契約実務
1993.08.09
国際取引の拡大と日本における渉外弁護士活動の発展
1992.12.05
アメリカにおける法律顧問の役割
1991.10.01
日本に於ける(国際的)合弁の法的側面について
1991.01.18
OEM契約の注意点
1990.09.16
海外投資、取引を取り巻く法務―国際企業買収、合弁、海外不動産投資その他
1990.03.08
国際取引と契約-合弁、ライセンス契約を中心として-
1990.02.21
米国進出にあたっての法的留意点-デラウェア会社法を中心として-
1989.11.30
日米貿易及び投資;日本に移転される米国技術の保護について(特許、商標及びライセンスの諸問題を含む)―1990年代の戦略
1988.11.17
ジョイントベンチャーに関する法律実務-ケーススタディを中心に-
1988.09.13
新しい米国包括貿易法 スーパー301 条 関税法337 条を中心に
1988.03.25
ECにおける特許及びノウハウライセンス契約の制限条項について-ノウハウライセンス契約に対する一括適用除外規則案を中心として-

MORE

山口 拓郎 に関する他のセミナー情報

MORE

小田 勇一 に関する他のセミナー情報

MORE

宮本 聡 に関する他のセミナー情報

MORE

公正取引コンプライアンス に関する他のセミナー情報

MORE

公正取引関連訴訟 に関する他のセミナー情報

MORE

公正取引コンサルティング に関する他のセミナー情報

MORE

M&A・企業再編・事業提携 に関する他のセミナー情報

2018.10.26
【東京】M&Aの実務対策 ー取引先・競業他社の倒産をチャンスに変えるー
2018.10.10
【大阪】M&Aの実務対策 ー取引先・競業他社の倒産をチャンスに変えるー
2018.08.10
【大阪】クロスボーダーM&Aに影響を及ぼす米国及びヨーロッパの投資規制~CFIUSを中心に~
2018.07.20
【東京】クロスボーダーM&Aに影響を及ぼす米国及びヨーロッパの投資規制~CFIUSを中心に~
2018.07.10
自社株対価M&Aの現状とこれから~税制も踏まえた株式交付制度の展望~
2018.06.05
事業会社のための契約書作成の実務-改正民法の解説も織り込んで/【第3回】各論 業務委託契約等、販売提携契約等
2018.03.13
【大阪】今さら人に聞けない法務DDとSPAの関係~改正民法も踏まえたディスカッション~
2018.01.26
【東京】今さら人に聞けない法務DDとSPAの関係~改正民法も踏まえたディスカッション~
2017.11.27
M&Aで見落としがちな人事・労務問題
2017.09.28
-東南アジア進出法務- ドゥテルテ大統領就任から一年、変化が続くフィリピン法務の最新事情 ~フィリピンにおける新しいビジネス展開のヒント~
2017.09.14
【大阪】 東南アジアにおけるコーポレートと紛争解決の最新実務
2017.09.13
【東京】 東南アジアにおけるコーポレートと紛争解決の最新実務
2017.07.21
【大阪】 香港返還20周年記念特別セミナー~ビジネスハブとしての香港の活用と実務上の留意点~
2017.05.19
経営企画・法務・人事を横断 M&Aを成功に導くための人事労務の留意点 ~変わりゆく法令・裁判例・実務を踏まえて~
2017.04.24
東南アジア各国におけるM&Aの実務上の留意点<名古屋>
2017.04.21
【東京】 香港返還20周年記念特別セミナー ~ビジネスハブとしての香港の活用と実務上の留意点~
2017.04.01
Exit Strategy
2017.03.01
弁護士が教える「社長さん、それは危険です」⑥クイズと実例から学ぶ「海外取引の落とし穴」
2017.02.09
東南アジア各国におけるM&Aの実務上の留意点<大阪>
2017.02.01
第4回インドネシア本邦研修「日本の投資家サイドから見たインドネシアの法令の問題点」
2016.12.14
東南アジア各国におけるM&Aの実務上の留意点<東京>
2016.11.01
M&A実務セミナー M&A実行後の不測の事態 ~海外進出編~
2016.04.14
Minority Investments
2016.03.23
国際M&A取引の基礎知識
2016.02.10
M&A実務セミナー:M&A実行後の不測の事態について ~買収・統合後に発覚した想定外の事項に対する事前対策・事後対応 〈東京〉
2015.06.25
中小企業の事業承継・M&Aと海外進出~事業のバトンタッチと新規市場開拓を目指して~
2015.04.24
M&A実行後の問題発覚とその法的対応
2015.01.15
クロスボーダーM&Aの最新実務 : 日本企業が陥りやすい傾向と対策
2014.12.11
国内M&Aの最新法務
2006.07.01
M & Aと契約交渉、法務デューディリジェンスの実務
2003.10.31
日本企業による国際戦略的取引、M & A
2002.01.24
M&A・企業再編における契約実務

MORE

当局調査対応 に関する他のセミナー情報

MORE

企業結合審査対応 に関する他のセミナー情報

MORE

お問い合わせはこちら

ページTOPへ