【裁判例紹介】退職した従業員に対する競業避止義務違反に基づく会社からの損害賠償請求が否定された事例事例 ‐REI 元従業員事件(東京地判令和 4 年 5 月 13 日、労働判例 1278 号 20 頁)

細川 慈子 に関する他の執筆情報

2024.05.10
国際仲裁における損害算定専門家の役割(JCAジャーナル2024年5月号)
2024.03.19
【裁判例紹介】退職者に対する海外研修費用返還請求の可否
2023.06.14
類型別スポーツ仲裁判例100─仲裁判断のポイントと紛争解決の指針─
2023.06.08
主な人事・労務関連法改正のご紹介
2022.03
北京2022オリンピックCAS事例報告―CASオリンピック仲裁の概要からワリエワ事件まで
2022.03.04
北京2022オリンピックCAS仲裁報告 -CASオリンピック仲裁の概要からワリエワ事件まで-
2021.09.24
JCAA's Amended Expedited Arbitration Procedures, Reduced Administrative Fees and New Appointing Authority Rules
2021.06
DELOS Guide to Arbitration Places (GAP) - Japan Chapter
2020.12.10
ドイツ判例紹介― ドイツにおいて仲裁判断に少数意見を記載することの許容性? ―(JCAジャーナル2020年12月号)
2020.09
New Arbitration Rules Based on the Civil Law Tradition ―The 2018 DIS Arbitration Rules, the Prague Rules, and the JCAA Interactive Arbitration Rules
2020.01
約款の基本と実践
2020.01
DELOS Guide to Arbitration Places (GAP) - Japan Chapter
2020.01.21
民法改正による消滅時効に関する変更点 「主観的起算点」とは
2020.01.21
時効に関する民法改正のポイント
2019.06.28
The New Interactive Arbitration Rules of the Japan Commercial Arbitration Association
2018.12
The “Sharing Economy” in Japan
2018.10
The New DIS Arbitration Rules 2018: Germany’s Offer of an Attractive Arbitration Alternative for Asian Parties
2018.06.22
Japanese Supreme Court Provides Guidance on Arbitrator’s Duty to Disclose a Potential Conflict of Interest in an International Arbitration
2018.06
ドイツ仲裁協会(DIS)の2018年仲裁規則改正についてードイツの仲裁地としての利便性ー (JCAジャーナル2018年6月号)
2018.05
ケーススタディで学ぶ債権法改正
2018.02
国際仲裁入門 ―比較法的視点から―(下)(JCAジャーナル2018年2月号)
2018.01
国際仲裁入門 ―比較法的視点から―(上)(JCAジャーナル2018年1月号)
2017.11.10
Arbitration Academy 2017 に参加して(JCAジャーナル 2017年11月号)

MORE

岸本 卓也 に関する他の執筆情報

MORE

労働訴訟・労働審判・労働委員会 に関する他の執筆情報

2024.06.20
労働判例 企業実務・判例Review ≪検討判例≫サカイ引越センター事件(東京地裁立川支部令5.8.9判決労判1305号5頁)
2024.06.19
【裁判例紹介】 人事管理の目的での配転命令が有効とされた事例
2024.03.19
【裁判例紹介】退職者に対する海外研修費用返還請求の可否
2024.03.19
【裁判例紹介】精神障害発覚による退職勧奨が人格的利益を損なうものとして違法とされた事件
2023.12.30
多職種で考える、産業保健の失敗学 (横河電機事件)
2023.12.20
【裁判例紹介】 MRに対する事業場外みなし労働時間制の適用が否定された事例
2023.12.20
【裁判例紹介】 賃金額が合意に至らず、労働契約の成立が否定された事例
2023.12.20
【裁判例紹介】 解散に伴う解雇を有効と認めた事例
2023.12.20
【裁判例紹介】 複数回更新後に不更新条項を追加した有期雇用契約の雇止めを有効と判断した事例
2023.11.24
[連載/海外進出する企業のための法務]〔第8回〕危機時に現地国にいる社員に対する企業の義務と対応-準拠法と安全配慮義務の観点から
2023.09.13
【裁判例紹介】ハラスメント等の調査結果の申告者への回答遅延が、安全配慮義務及び信義則に違反し債務不履行に当たるとされた例 ‐学校法人茶屋四郎次郎記念学園事件‐(東京地判令和 4 年 4 月 7 日、労働判例経済速報 2491 号 3 頁)
2023.09.13
【裁判例紹介】持病のある子と高齢の母の介護を理由として転勤を拒否した従業員に対する懲戒解雇の有効性が認められた例‐NEC ソリューションイノベータ事件(大阪地判令和 3 年 11 月 29 日、労働判例 1277 号 55 頁)
2023.09.13
【裁判例紹介】フリーランスに対するハラスメントに係る委託者の安全配慮義務違反を認めた事例‐アムールほか事件(東京地判令和 4 年 5 月 25 日、労働判例 1269 号 15 頁)
2023.09.13
【裁判例紹介】退職した従業員に対する競業避止義務違反に基づく会社からの損害賠償請求が否定された事例事例 ‐REI 元従業員事件(東京地判令和 4 年 5 月 13 日、労働判例 1278 号 20 頁)
2023.06.15
労働判例 企業実務・判例Review ≪検討判例≫学校法人羽衣学園(羽衣国際大学)事件(大阪高裁令5.1.18判決労判1285号18頁)
2023.06.08
フリーランスに対する法的保護~フリーランス保護法と労組法上の労働者性~
2022.08.22
上海における従業員の病気休暇・医療期間に関する実務上の問題についての検討
2021.12.20
経営法曹 第210号 年間重要判例検討会(第15回)報告
2019.12.20
経営法曹 第203号 年間重要判例検討会(第11回)報告
2019.10
過労自殺と使用者の損害賠償義務
2018.03
弁護士が精選!重要労働判例 - 第161回 医療法人社団E会(産科医の時間外労働)事件
2018.01
弁護士が精選!重要労働判例 - 第155回 学校法人原田学園(視覚障害者への職務変更命令の有効性)事件
2017.06
ビジネスロー・ジャーナル : Business Law Journal No.113(2017年8月号)別冊 Lawyers Guide - Labor/Tax edition

MORE

お問い合わせはこちら

ページTOPへ