The Legal 500 Country Comparative Guides Japan Environmental, Social and Governance

記事はこちらからご覧いただけます。

【目次】
1. Climate - the law governing operations that emit Greenhouse Gases (e.g. carbon trading) is addressed by Environment and Climate Change international guides, in respect of ESG: a. Is there any statutory duty to implement net zero business strategies; b. Is the use of carbon offsets to meet net zero or carbon neutral commitments regulated; c. Have there been any test cases brought against companies for undeliverable net zero strategies; d. Have there been any test cases brought against companies for their proportionate contribution to global levels of greenhouse gases (GHGs)?
2. Biodiversity - are new projects required to demonstrate biodiversity net gain to receive development consent?
3. Water - are companies required to report on water usage?
4. Forever chemicals - have there been any test cases brought against companies for product liability or pollution of the environment related to forever chemicals such as Perfluoroalkyl and Polyfluoroalkyl Substances (PFAS)?
5. Circularity - the law governing the waste hierarchy is addressed by the Environment international guide, in respect of ESG are any duties placed on producers, distributers or retailers of products to ensure levels of recycling and / or incorporate a proportionate amount of recycled materials in product construction?
6. Plastics - what laws are in place to deter and punish plastic pollution (e.g. producer responsibility, plastic tax or bans on certain plastic uses)?
7. Equality Diversity and Inclusion (EDI) - what legal obligations are placed on an employer to ensure equality, diversity and inclusion in the workplace?
8. Workplace welfare - the law governing health and safety at work is addressed in the Health and Safety international guide, in respect of ESG are there any legal duties on employers to treat employees fairly and with respect?
9. Living wage - the law governing employment rights is addressed in the Employment and Labour international guide, in respect of ESG is there a legal requirement to pay a wage that is high enough to maintain a normal standard of living?
10. Human rights in the supply chain - in relation to adverse impact on human rights or the environment in the supply chain: a. Are there any statutory duties to perform due diligence; b. Have there been any test cases brought against companies?
11. Responsibility for host communities, environment and indigenous populations - in relation to adverse impact on human rights or the environment in host communities: a. Are there any statutory duties to perform due diligence; b. Have there been any test cases brought against companies?
12. Have the Advertising authorities required any businesses to remove adverts for unsubstantiated sustainability claims?
13. Have the Competition and Markets authorities taken action, fined or prosecuted any businesses for unsubstantiated sustainability claims relating to products or services?
14. Have there been any test cases brought against businesses for unsubstantiated enterprise wide sustainability commitments?
15. Is there a statutory duty on directors to oversee environmental and social impacts?
16. Have there been any test cases brought against directors for presenting misleading information on environmental and social impact?
17. Are financial institutions and large or listed corporates required to report against sustainable investment criteria? 18. Is there a statutory responsibility on businesses to report on managing climate related financial risks?
19. Is there a statutory responsibility on businesses to report on energy consumption?
20. Is there a statutory responsibility on businesses to report on EDI and / or gender pay gaps?

著者等: 澤井 俊之 橋本 小智 石田 明子 土岐 俊太
書籍名・掲載誌: The Legal 500: Environmental Social and Governance Comparative Guide
出版社等: The Legal 500
取扱分野: ESG・サステナビリティ ビジネスと人権 環境
出版日: 2023年05月11日

澤井 俊之 に関する他の執筆情報

2024.05.08
mondaq - ESG Comparative Guide : Japan
2024.02.02
ゼロからわかるESG・サステナビリティ法務Q&A
2023.12.25
顧客本位の業務運営を確保するための金融商品取引法等改正 ―最善利益義務の法定化・情報提供の実質化の意義と実務への影響―
2023.04.21
給与デジタル払いに関する資産保全の在り方 -「事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)」の一部改正(案)の公表について(令5.2.17)
2023.01.17
「役員選解任」を巡る株主の公開キャンペーンの新展開~フジテックとオアシスとの攻防から考える
2023.01.13
政府ガイドラインを踏まえた人権デュー・ディリジェンスの実践
2022.11.25
金融機関における人権デュー・ディリジェンスの実装(下)―政府ガイドラインと国際的な潮流を踏まえて―
2022.11.14
金融機関における人権デュー・ディリジェンスの実装(上)―政府ガイドラインと国際的な潮流を踏まえて―
2022.08.10
大手証券会社の不祥事から考える金融業界のコンプライアンス教育(インタビュー記事)
2022.07.25
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第2回】 サステナビリティ情報開示のポイントと求められる実務対応
2022.05.25
プロダクトガバナンスの確保に向けた制度の在り方
2022.02.14
金融機関の法務対策6000講
2022.02.08
海外事例からこれからの顧客本位の業務運営の在り方を考える(インタビュー記事)
2021.12.27
ESG提案、長期投資が前提(インタビュー記事)
2021.12
加速する日本の気候変動対策-金融庁が情報開示の義務化を検討(コメント記事)
2021.11.10
個人投資家に対するESG投資の推奨と顧客本位の業務運営
2021.08.25
国際競争力を持つESG・サステナビリティ開示制度に向けて ―「サステナブルファイナンス有識者会議報告書」の公表について(令3.6.18)―
2021.07.14
Doing Business In... 2021 Trends and Developments
2021.07
Corporate governance code revisions set to drive Japan’s ESG and sustainability push
2021.06.10
第2回 【2021年改訂】コーポレートガバナンス・コード改定案を踏まえたESG開示の実務
2021.06.02
第1回 【2021年改訂】ESGに関するコーポレートガバナンス・コードの原則と実務対応
2021.05.25
金融サービス仲介業への参入の検討ポイントの整理
2021.03.25
キャッシュレス社会の到来と強制執行(下)
2021.03.10
キャッシュレス社会の到来と強制執行 (上)
2021.02.12
適合性の原則の実質化と顧客本位の業務運営―欧米の規制も参考に―
2020.12.21
New Financial Service Intermediary Business License
2020.10.30
顧客本位の業務運営に関する原則、監督指針改定の概要と実務への影響(後半)
2020.10.23
顧客本位の業務運営に関する原則、監督指針改定の概要と実務への影響(前半)
2020.10.01
金融商品取引法と暗号資産-資金決済法との交錯場面の規制関係の整理
2020.09.14
暗号資産投資ファンドに係る法規制と留意点
2020.08
金融事業者の勧誘・説明態勢と顧客本位の業務運営の再検証が急務に
2019.08.01
「情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律」の解説(2)
2019.07.15
金融商品取引法の一部改正の概要 -暗号資産を用いた新たな取引および不公正な行為への対応-
2018.05
ケーススタディで学ぶ債権法改正
2017.02
D&O保険の実務
2014.12
実務解説 平成26年会社法改正

MORE

橋本 小智 に関する他の執筆情報

2024.05.08
mondaq - ESG Comparative Guide : Japan
2024.02.02
ゼロからわかるESG・サステナビリティ法務Q&A
2024.01.12
ビジネスと人権に関する国際的な動向と日本企業の対応
2023.10.16
Getting the Deal Through - Market Intelligence M&A : Japan Chapter
2023.06.23
Business and Human Rights in Japan
2023.02.28
ドイツのサプライチェーン・デューディリジェンス法が日本企業に与える影響
2021.01.10
【連載】今さら聞けない景品表示法22ー乾杯のグラスの中身は!?ー
2020.12
スタートアップ投資契約―モデル契約と解説
2020.12.10
【連載】今さら聞けない景品表示法21ーグレーゾーン解消制度と景品表示法ー
2020.11.10
【連載】今さら聞けない景品表示法20ー将来の価格とは?ー
2020.10.10
【連載】今さら聞けない景品表示法19ー商品名を記載しない商品広告?ー
2020.09.10
【連載】今さら聞けない景品表示法18ーGo To トラベルキャンペーンー
2020.08.10
【連載】今さら聞けない景品表示法17ーその懸賞、本当に当たりますか?ー
2020.07.10
【連載】今さら聞けない景品表示法16ーコンプガチャと景品規制ー
2020.06.10
【連載】今さら聞けない景品表示法15ー何から値引きをしているの?ー
2020.05.10
【連載】今さら聞けない景品表示法14ー動画広告の打消し表示ー
2020.04.10
【連載】今さら聞けない景品表示法13ー癒しの温泉ー
2020.03.10
【連載】今さら聞けない景品表示法12ー健康に役立つ?ー
2020.02.12
【連載】今さら聞けない景品表示法11ーチョコレートの表示ー
2020.01.10
【連載】今さら聞けない景品表示法10ー新春キャンペーンー
2019.12.12
【連載】今さら聞けない景品表示法09ー今年の”繰り返し”を振り返るー
2019.11.10
【連載】今さら聞けない景品表示法08ー「ポイント」って景品?ー
2019.10.10
【連載】今さら聞けない景品表示法07 ーキャッシュレス還元事業×景表法ー
2019.09.10
【連載】今さら聞けない景品表示法06ー実は例外がありますー
2019.08.10
【連載】今さら聞けない景品表示法05ーステマは何がいけないの?ー
2019.07.10
【連載】今さら聞けない景品表示法04 ーステーキ風!?ー
2019.06
ベンチャーキャピタルファンド契約の実務ー新契約例と時価評価の解説
2019.06.10
【連載】今さら聞けない景品表示法03ー表示の内容になっている?ー
2019.05.10
【連載】今さら聞けない景品表示法02ーNo.1はダメなのか!?ー
2018.03.19
The Problem of Unknown Land Owners and the Japanese Real Estate Registration System
2016.09
TPP Web解説「24 中小企業」(独立行政法人経済産業研究所)(共著)
2016.09
TPP Web解説「22 競争力及びビジネスの円滑化」(独立行政法人経済産業研究所)(共著)
2016.08
「 TPPが変えるグローバルサプライチェーンと中小企業参加」(ルールで読み解くTPPの争点~実像と今後~)(国際商事法務 Vol.44, No.8, 2016)(共著)

MORE

石田 明子 に関する他の執筆情報

MORE

土岐 俊太 に関する他の執筆情報

2024.02.02
ゼロからわかるESG・サステナビリティ法務Q&A
2023.12.25
[連載/海外進出する企業のための法務]〔第9回〕気候変動と企業の訴訟リスク
2023.05.09
グリーンウォッシュや「反ESGの動き」の中で日本企業に求められる対応~M&A時の法務DDや子会社管理で重要なESG要素の検証
2022.12.14
洋上風力発電事業と漁業関係者の権利の調整
2022.09.26
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第5回】環境と訴訟~世界中で急増する気候変動関連訴訟を中心に
2020.04.01
債権法改正を踏まえた契約書法務
2019.05.21
海外販売店契約で頻発するトラブルとその対応策
2019.04.30
日本版司法取引の実務と展望 米国等の事情に学ぶ捜査協力型司法取引の新潮流
2019.04
再生可能エネルギー法制の動向 事業用太陽光発電の未稼働案件の滞留問題
2019.03.29
Renewable Energy Development: Handling of Non-operating Approved Commercial Photovoltaic Power Generation Projects
2018.03
弁護士が精選!重要労働判例 - 第161回 医療法人社団E会(産科医の時間外労働)事件
2018.01
弁護士が精選!重要労働判例 - 第155回 学校法人原田学園(視覚障害者への職務変更命令の有効性)事件
2017.10
刑事弁護レポート~薬物密輸事件の裁判員裁判の差戻審で逆転無罪を獲得した事例
2017.07
裁判員裁判レポート~裁判員裁判の差戻審で逆転無罪を獲得した事例
2017.07
機関投資家の議決権行使方針及び結果の分析
2017.04
機関投資家の動向を見据えた総会対策
2017.02
コードに対応したコーポレート・ガバナンス報告書の記載事例の分析 平成28年版
2016.11
平成28年版 コードに対応したコーポレート・ガバナンス報告書の記載事例の分析<下>

MORE

ビジネスと人権 に関する他の執筆情報

2024.02.02
ゼロからわかるESG・サステナビリティ法務Q&A
2024.01.25
[連載/海外進出する企業のための法務]〔第10回〕国際社会で通ずる「ビジネスと人権」の取組の構築 ― ドイツ サプライチェーン・デュー・ディリジェンス法を題材に
2023.12.25
[連載/海外進出する企業のための法務]〔第9回〕気候変動と企業の訴訟リスク
2023.12.07
トランスジェンダー従業員に女性用トイレの使用を認めてよいですか?
2023.11.20
トランスジェンダー従業員のトイレ使用をめぐる会社の配慮義務
2023.10.02
契約条項を通じた人権デュー・ディリジェンスの充実 ~サプライチェーンの「上流」と「下流」における実践~
2023.10.02
経産省トランスジェンダー事件の射程
2023.08.25
[連載/海外進出する企業のための法務]〔第5回〕安全保障とビジネス――国家の対立と特定企業の規制
2023.06.23
Diversity & Inclusion: LGBTQ+ Status in Japan
2023.06.23
Business and Human Rights in Japan
2023.05.31
2023年4月実務参照資料公開「責任あるサプライチェーン等における人権尊重のためのガイドライン」の解説と企業実務への影響
2023.05.11
The Legal 500 Country Comparative Guides Japan Environmental, Social and Governance
2023.05.09
グリーンウォッシュや「反ESGの動き」の中で日本企業に求められる対応~M&A時の法務DDや子会社管理で重要なESG要素の検証
2023.02.28
ドイツのサプライチェーン・デューディリジェンス法が日本企業に与える影響
2023.01.13
政府ガイドラインを踏まえた人権デュー・ディリジェンスの実践
2022.11.25
金融機関における人権デュー・ディリジェンスの実装(下)―政府ガイドラインと国際的な潮流を踏まえて―
2022.11.18
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第6回】経営戦略として欠かせない、ダイバーシティの潮流~労働環境、D&I、LGBTQの重要論点
2022.11.14
金融機関における人権デュー・ディリジェンスの実装(上)―政府ガイドラインと国際的な潮流を踏まえて―
2022.09.26
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第5回】環境と訴訟~世界中で急増する気候変動関連訴訟を中心に
2022.09.08
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第4回】「ビジネスと人権」をめぐる最新動向と取り組むべき実務対応
2022.08.22
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第3回】「ESGアクティビズム」の台頭と企業に求められる株主対応~増加するESG関連の株主提案
2021.07
「ビジネスと人権」~人権尊重に向けて企業が取り組むべき実務対応

MORE

環境 に関する他の執筆情報

2023.07.18
Doing Business In... 2023 Trends and Developments
2023.05.11
The Legal 500 Country Comparative Guides Japan Environmental, Social and Governance
2023.05.09
グリーンウォッシュや「反ESGの動き」の中で日本企業に求められる対応~M&A時の法務DDや子会社管理で重要なESG要素の検証
2023.04.03
洋上風力発電に関する日本版セントラル方式の動向
2022.12.14
洋上風力発電事業と漁業関係者の権利の調整
2022.09.26
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第5回】環境と訴訟~世界中で急増する気候変動関連訴訟を中心に
2022.09.08
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第4回】「ビジネスと人権」をめぐる最新動向と取り組むべき実務対応
2022.08.22
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第3回】「ESGアクティビズム」の台頭と企業に求められる株主対応~増加するESG関連の株主提案
2022.07.25
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第2回】 サステナビリティ情報開示のポイントと求められる実務対応
2022.07.12
Doing Business In... 2022 Trends and Developments
2022.07.07
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第1回】 押えておくべきサステナブル・ファイナンスとESG投資との関係
2022.04.01
ESG投資とグリーンファイナンス
2022.02.21
中国の炭素排出権取引に関する制度及び立法体系

MORE

ESG・サステナビリティ に関する他の執筆情報

2024.02.02
ゼロからわかるESG・サステナビリティ法務Q&A
2024.01.25
[連載/海外進出する企業のための法務]〔第10回〕国際社会で通ずる「ビジネスと人権」の取組の構築 ― ドイツ サプライチェーン・デュー・ディリジェンス法を題材に
2024.01.16
ESGとは?―SDGsやCSRとの違い・ESG経営の導入―
2023.05.31
2023年4月実務参照資料公開「責任あるサプライチェーン等における人権尊重のためのガイドライン」の解説と企業実務への影響
2023.05.11
The Legal 500 Country Comparative Guides Japan Environmental, Social and Governance
2023.05.09
グリーンウォッシュや「反ESGの動き」の中で日本企業に求められる対応~M&A時の法務DDや子会社管理で重要なESG要素の検証
2023.02.28
ドイツのサプライチェーン・デューディリジェンス法が日本企業に与える影響
2023.01.13
政府ガイドラインを踏まえた人権デュー・ディリジェンスの実践
2022.11.25
金融機関における人権デュー・ディリジェンスの実装(下)―政府ガイドラインと国際的な潮流を踏まえて―
2022.11.18
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第6回】経営戦略として欠かせない、ダイバーシティの潮流~労働環境、D&I、LGBTQの重要論点
2022.11.14
金融機関における人権デュー・ディリジェンスの実装(上)―政府ガイドラインと国際的な潮流を踏まえて―
2022.09.26
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第5回】環境と訴訟~世界中で急増する気候変動関連訴訟を中心に
2022.09.08
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第4回】「ビジネスと人権」をめぐる最新動向と取り組むべき実務対応
2022.08.22
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第3回】「ESGアクティビズム」の台頭と企業に求められる株主対応~増加するESG関連の株主提案
2022.07.25
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第2回】 サステナビリティ情報開示のポイントと求められる実務対応
2022.07.07
【法務】ESGの新潮流とM&A(大江橋法律事務所)/【第1回】 押えておくべきサステナブル・ファイナンスとESG投資との関係
2022.04.01
ESG投資とグリーンファイナンス
2021.12.27
ESG提案、長期投資が前提(インタビュー記事)
2021.11.10
個人投資家に対するESG投資の推奨と顧客本位の業務運営
2021.08.25
国際競争力を持つESG・サステナビリティ開示制度に向けて ―「サステナブルファイナンス有識者会議報告書」の公表について(令3.6.18)―
2021.07
Corporate governance code revisions set to drive Japan’s ESG and sustainability push
2021.07
ESGを巡る株主対応・コーポレートガバナンス
2021.06.10
第2回 【2021年改訂】コーポレートガバナンス・コード改定案を踏まえたESG開示の実務
2021.06.02
第1回 【2021年改訂】ESGに関するコーポレートガバナンス・コードの原則と実務対応

MORE

お問い合わせはこちら

ページTOPへ