中国・香港における仲裁実務の最新動向~HKIACの経験を踏まえて~

2017.12.06

 日中企業間の取引契約においては紛争解決手段として仲裁を選択することが一般的であり、日本企業にとって、中国企業を相手方とする仲裁手続および仲裁判断の承認・執行に関する実務を理解しておくことは重要です。アジアを代表する仲裁機関である香港国際仲裁センター(HKIAC)は、中国企業を当事者とする仲裁案件を数多く取り扱っており、外国企業と中国企業との間の紛争における仲裁地としての香港の利用も後押ししています。
 この度、大江橋法律事務所では、HKIACのカウンセルとして中国関連案件の事件管理に携わっておられるJames Ng氏を香港から特別講師として迎え、HKIACの仲裁実務の最新動向について、近時の中国本土における外国仲裁判断の執行に関する裁判例も踏まえて具体的にご解説いただきます。Ng氏のプレゼンテーションについては、香港の仲裁機関(ICC)での勤務経験を有し国際仲裁についての経験豊富な多田慎弁護士が、簡単な解説を加えながら逐次通訳を行います。
 また、Ng氏の講演に引き続き、代理人・仲裁人として国際仲裁の実務に精通している小林和弘弁護士、仲裁を含めた中国プラクティスを専門とする高槻史弁護士をコメンテーターとして、日中企業間の紛争解決手段として仲裁を選択するにあたっての実務上の留意点(仲裁条項のドラフティングを含む)についてのパネルディスカッションを行う予定です。

お申込はこちら

講師:
講演:HKIACの仲裁実務・中国本土における外国仲裁判断の執行状況について

香港国際仲裁センター カウンセル James Ng氏
(逐次通訳:弁護士 多田 慎

      パネルディスカッション:日中企業間の仲裁における実務上の留意点

パネリスト:James Ng氏、弁護士 小林 和弘、弁護士 高槻 史
モデレーター・通訳:弁護士 多田 慎 

日時: 2017年12月06日(水) 16時00分~ 18時00分
セミナー会場:大江橋法律事務所 大阪事務所(〒530-0005 大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー27階) 詳しくはこちら
講演者等:小林 和弘 高槻 史 多田 慎
主催等:大江橋法律事務所・香港国際仲裁センター(HKIAC)共催
定員:40名 ※本セミナーは先着順となります。先着順につき、定員に達し次第申込みを終了させて頂きますことを事前にご了承頂けますと幸いです。

小林 和弘 に関する他のセミナー情報

2017.10.24
国際技術ライセンス契約の基本実務-読解・ドラフティングの必須知識-
2017.09.20
国際調停の活用 ~シンガポール国際調停センターの経験を踏まえて~
2017.07.06
<国際紛争解決セミナー>中国仲裁の最新事情
2017.05.31
<国際紛争解決セミナー>韓国の国際仲裁実務の最新事情
2017.03.01
弁護士が教える「社長さん、それは危険です」⑥クイズと実例から学ぶ「海外取引の落とし穴」
2017.02.01
第4回インドネシア本邦研修「日本の投資家サイドから見たインドネシアの法令の問題点」
2016.10.18
中小企業のための海外合弁事業で失敗しないためのノウハウ ―合弁契約主要条項を中心に―
2016.10.12
海外展開セミナーin大阪
2016.10.03
<国際紛争解決セミナー> 韓国仲裁の最新事情―KCABとJCAAの実務上の相違点―
2016.03.03
海外進出とコーポレートガバナンス(主としてアジア進出の展開を睨み)
2015.12.02
国際商事調停セミナー「国際商事調停のすすめ」
2015.11.20
今から始める海外合弁事業の契約入門 -合弁事業成功のためのリスクマネジメントー
2015.10.26
企業リスクマネジメントセミナー 「グローバル企業のアジア戦略とリスク管理―ASEAN経済共同体(AEC)発足を視野に入れてー」
2015.10.07
クロスボーダーM&A/ジョイントベンチャーにおける契約実務の基礎知識
2015.09.29
インド、タイ、ベトナム、インドネシア各国の会社法制と日本企業の実務対応
2015.09.28
Kroll Ontrack "会社を滅ぼされる前"にセミナーin 大阪 FCPA等外国公務員贈賄防止規制と防止体制
2015.09.16
仲裁機関関係者が語る日中仲裁の内実-SHIAC仲裁手続きを知る-
2014.12.02
国際紛争解決セミナー「中国における仲裁実務の問題点」
2014.10.01
FCPA等、外国公務員贈賄防止をめぐる問題
2014.10.01
海外展開とリーガルリスクマネジメント
2014.07.01
日本の国際仲裁について
2014.03.01
海外企業とのライセンス
2014.03.01
米国M&A最新事情とアジア市場への参入手法としてのM&Aの活用事例
2014.01.10
アセアン諸国に進出する中小企業から相談を受けた場合の対応
2013.11.01
合弁契約交渉のポイント
2013.01.01
贈収賄防止規制と贈賄防止体制の具体的対応策
2013.01.01
サービス業の海外進出(アジア諸国)
2012.06.01
最近の企業犯罪について
2011.12.01
国際民事訴訟入門
2011.12.01
関大大学法学研究所 第46回シンポジウム『国際裁判管轄-民事訴訟法改正をうけてー』
2011.10.01
英文ライセンス契約演習コース
2009.11.01
経営指導員研修 第2回法律問題研究会~売買トラブル~
2009.09.01
独占禁止法等講習会
2009.09.01
ライセンス講座 実践コースⅡ
2008.11.01
法律講演会~中小企業における円滑な事業承継~
2008.10.01
経営における知的財産の活用~技術提携する場合の留意点~
2008.07.01
英文ライセンス契約講座 基礎コース
2008.02.01
ライセンスにおける法的問題点
2004.03.01
民事訴訟における弁護士の役割
2003.11.01
合弁会社の実務
2003.06.01
民事訴訟における弁護士の役割
2003.05.01
合弁契約の法的諸問題と契約条項

MORE

高槻 史 に関する他のセミナー情報

MORE

多田 慎 に関する他のセミナー情報

2017.11.16
仲裁条項ドラフティングの実務(国際契約における仲裁条項ドラフティングにあたっての留意点・実例を解説)
2017.11.15
Outlook for investment in emerging APEC economies
2017.11.15
AI in the world of a litigator
2017.10.10
【大阪】いまさら聞けない?! EUの仕組みと英国のEU離脱(Brexit)
2017.09.20
国際調停の活用 ~シンガポール国際調停センターの経験を踏まえて~
2017.09.14
【大阪】 東南アジアにおけるコーポレートと紛争解決の最新実務
2017.09.13
【東京】 東南アジアにおけるコーポレートと紛争解決の最新実務
2017.07.21
【大阪】 香港返還20周年記念特別セミナー~ビジネスハブとしての香港の活用と実務上の留意点~
2017.07.06
<国際紛争解決セミナー>中国仲裁の最新事情
2017.07.05
HKIAC仲裁条項交渉ワークショップ
2017.05.22
Mediation - Diversified Experiences in ICC and Asian Contexts (国際調停:ICCおよびアジアにおける様々な調停制度)
2017.04.21
【東京】 香港返還20周年記念特別セミナー ~ビジネスハブとしての香港の活用と実務上の留意点~
2017.03.22
国際仲裁における緊急仲裁人手続・簡易手続の効果的活用 ~ICC新規則(2017年3月施行)を含む最新の実務動向を徹底解説~
2017.03.03
プレムートコンフェレンス 2017
2016.12.06
国際仲裁の実務(アジアにおける国際仲裁の近時の動向を踏まえて)
2016.12.01
Practice of International Arbitration: Key Considerations for Choice of Arbitral Institution and Seat
2016.07.15
【緊急開催】英国のEU離脱に向けた実務対応 ~離脱へのシナリオと日本企業への影響~
2013.11.01
国際仲裁の実務~ICC仲裁手続を中心に~
2011.03.01
ハーグ子の奪取条約について考えるシンポジウム

MORE

お問い合わせはこちら

ページTOPへ