日本版司法取引

日本版司法取引について

日本版司法取引制度とは、検察官と被疑者・被告人およびその弁護人が協議し、被疑者・被告人が「他人」の刑事事件の捜査・公判に協力するのと引換えに、自分の事件を不起訴または軽い求刑にしてもらうことなどを合意するという制度です(刑事訴訟法350条の2~350条の15)。すなわち、協議・合意制度とは、被疑者や被告人(以下「被疑者等」)が、組織的な犯罪において中心的な役割を担った第三者(法文では「他人」という表現)の犯罪を明らかにするため、検察官等に対し、真実に合致する供述をしたり証拠を提出するという協力行為の見返りに、自分の起訴を見送ってもらったり(不起訴処分)、起訴された場合でも軽い求刑をしてもらったりできるようにする仕組みのことです。

 いわゆる日本版司法取引とは、組織的な犯罪(企業の関わる経済犯罪等)の解明を目的として導入された捜査・公判協力型の協議・合意制度のことで、米国における同様の制度を参考に、平成28年の刑事訴訟法改正により新設されたもので、2018年6月1日から施行されています。協議には被疑者等だけではなく弁護人も関与することが必要ですし、合意には弁護人の同意が不可欠です(刑事訴訟法350条の3、350条の4)。したがって、この制度において、弁護人の果たす役割は大きく、刑事実務に精通した弁護士の起用は非常に重要となります。

当該分野の最近の執筆

『Q&Aでわかる日本版「司法取引」への企業対応 - 新たな協議・合意制度とその対応 -』

コンプライアンス意識が高まっている今日、企業にとって重要な課題である適切な不祥事対応に向けて、効果的なツールの1つである協議・合意制度のポイントを解説します。

出版社:同文舘出版株式会社

執筆者:山口 幹生名取 俊也

書影:『Q&Aでわかる日本版「司法取引」への企業対応
Q&Aでわかる日本版司法取引への企業対応.jpg

記事に関連するセミナー情報

2018.12.22
企業価値を高める不祥事対策の在り方 ~予防から発生後の信頼回復・企業価値再生に向けた対応~
2018.12.06
会社業務における公務員との関わりと留意点
2018.12.01
人権デューディリジェンスの実践 ~サプライチェーンにおける適正な労働環境の実現を目指して~
2018.11.28
経営法友会 大阪月例会「米国FCPAの最新執行状況と日本企業が備えるべきポイント」
2018.11.25
90分で振り返る中国における消費者保護関連規制の基礎-電子商取引法,広告・表示規制,価格表示,品質問題対応(製品リコール対応等),個人情報管理を中心に-
2018.11.22
【大阪】中国子会社のコンプライアンス体制の実務対応 ~チェックシートを用いて90分で網羅的に解説~
2018.11.20
日本版司法取引(合意制度)にどのように対応すべきかーコンプライアンス強化に向けて監査役員の視点からー
2018.11.17
企業として日本版司法取引(合意制度)にどのように対応すべきか
2018.11.08
元検事の対談形式で解説する 初適用事例にみる日本版司法取引の行方 ~ 企業に求められるのは何か ~
2018.11.05
ビッグデータ/IoT時代のデータを巡る法的課題 ~保護と利活用の両面から~
2018.11.04
EU 個人情報規制(GDPR)対応セミナー
2018.10.30
【東京】中国子会社のコンプライアンス体制の実務対応 ~チェックシートを用いて90分で網羅的に解説~
2018.10.28
日本版司法取引と企業対応~捜索差押え・マスコミ対応の他、社内コンプライアンス強化の在り方など元検事が解説~
2018.10.23
危機管理・コンプライアンスへの対応策~米国法律事務所の最新実務を踏まえて~
2018.10.20
【東京・大阪】企業不祥事実務対応セミナー
2018.10.19
わが社の表示は大丈夫!? 実際の違反事例で「基礎から学ぶ景品表示法」
2018.10.18
突然オフィスに当局の立ち入り検査が!日本版司法取引対策と実務対応ー元検事による日本版司法取引の解説・対応提案、内部不正調査、司法取引対応のための体制作りー
2018.10.08
中国不正競争防止法改正のポイント~アジア新興国商業賄賂に関する改正点と実務動向も踏まえて~
2018.10.05
日本版司法取引制度から逆算した法務対応
2018.10.02
日本版司法取引(協議・合意制度)の概要と実務における対応について
2018.09.17
【名古屋】海外贈収賄規制の実務-中国、東南アジア諸国を中心に
2018.09.12
【大阪】 企業不祥事対応とコンプライアンス実務の最前線
2018.09.08
アジア法務朝活セミナー第5回:シンガポールの担保制度と事業再生手続
2018.09.05
EU 一般データ保護規則(GDPR)の概要と対応
2018.08.26
【東京】臨床研究法とコンプライアンス (追加開催)
2018.08.23
【大阪】臨床研究法とコンプライアンス
2018.08.21
【東京】臨床研究法とコンプライアンス
2018.08.16
シンポジウム「景品表示法の実現手法の多様性-独禁法の視点も含めて」
2018.08.14
【名古屋】EU 一般データ保護規則 (GDPR)の概要と対応
2018.08.10
外国公務員等に対する贈賄防止について(社内研修)
2018.08.03
アジア法務朝活セミナー第2回:ビジネスと人権 - 今企業に求められる対応
2018.07.19
海外子会社と内部統制
2018.07.14
【名古屋】不祥事対応の実態と平時の備え(日本・中国のケースを参考に)
2018.07.08
消費者団体訴訟制度シンポジウム
2018.06.24
-東南アジア進出法務- ドゥテルテ大統領就任から一年、変化が続くフィリピン法務の最新事情 ~フィリピンにおける新しいビジネス展開のヒント~
2018.06.10
中国現地法人の不祥事対応・仮想事例を題材として
2018.06.09
人権デューディリジェンスと労務コンプライアンス ~サプライチェーンにおける適正な労働環境の実現を目指して~
2018.06.03
インサイダー取引の実務対応 ~当局による調査開始後の対応を中心に~
2018.05.28
中国における最近の法務事情~債権回収・取引相手の監査を題材として~
2018.05.26
グローバルコンプライアンスの実務と危機対応~米国当局経験者と今後の展望を語る~
2018.05.13
海外子会社と内部統制
2018.03.01
コンプライアンスセミナー(U.K、仏、独、日本法比較)
2017.10.02
危機管理コンプライアンス 企業不祥事対応の実務
2016.11.27
保険法施行後の銀行及び保険会社等のコンプライアンス ― 保険窓販・担保業務等への影響を中心に
2016.11.21
監督指針の改正を踏まえた保険会社のコンプライアンス~保険法の施行を7か月後に控えて~
2016.10.19
コンプライアンス-法令等の遵守-と経営
2016.07.04
内部告発と監査役-コンプライアンスの視点から-
2016.06.30
第2回法務リスク管理セミナー(基礎編) 国際契約書に潜む法務リスク~交渉の進め方から、契約書の作成、契約後のメンテナンスまで~

MORE

記事に関連する執筆情報

2019.01.25
インサイダー取引規制に関する近時の動向と危機対応実務 ~動き出した取引推奨への取り締まり~
2018.12.14
臨床研究法の施行とその影響
2018.11.16
消費者庁による景表法違反調査への対応
2018.11.05
海外子会社のガバナンス機能向上のポイント
2018.10.19
粉飾決算により有価証券報告書の重要な事項に虚偽記載が生じた場合の企業責任の概要
2018.09.21
企業不正・不祥事発覚後の調査のあり方
2018.08.24
優越的地位濫用規制・下請法規制への対応
2018.08.23
かけ算で理解する独禁法の道標4 独禁法と刑訴法
2018.07.20
海外子会社における不祥事対応
2018.06.15
公正取引委員会の立入検査は突然に ~ 立入検査日当日に求められる対応とは~
2018.05.18
日本版司法取引の施行に向けて -関心を持っておきたい事項とその理由-
2018.04.20
品質不正事案における検討と対策-主にB t o Bを想定して-
2018.03.21
実務解説 日本版司法取引の施行に向けて役員が知っておくべきこと
2018.02.21
平成30年4月施行 フェア・ディスクロージャー・ルールの内容と実務上の留意点 ~ガイドラインを踏まえて~
2017.07.01
合意取引制度(日本版司法取引)導入により企業法務はどう変わるか
2017.06.20
経済刑法
2017.05.17
国際コンプライアンスの研究(第二部)[39]人権デューディリジェンスへの対応 
2017.05.15
独占禁止法におけるコンプライアンス―プリンシプルから考えるコンプライアンスのすすめ―
2017.05.15
景品表示法におけるコンプライアンス(管理措置指針の実務的活用に向けて)
2016.08.01
海外子会社の不祥事対応
2015.02.03
特集 改正景表法が求める表示等コンプライアンス「改正景品表示法における課徴金制度の解説」
2009.09.01
企業におけるコンプライアンス・危機管理体制の実態
2007.05.31
危機管理役員手控帖
2006.10.01
危機管理役員手控帖 その24<最終回> 企業の内部統制と危機管理・コンプライアンス体制−監査役の基本的知識と心構え
2006.09.01
危機管理役員手控帖 その23 監査役は監査役室・内部監査部・法務部とどう付き合うか−新会社法の規定する監査役の職務の補助者
2006.08.01
危機管理役員手控帖 その22 新任監査役の心得(下)−グループ監査と子会社監査役との協力
2006.07.01
危機管理役員手控帖 その21 新任監査役の心得(中)−監査役の内部統制監査
2006.06.01
危機管理役員手控帖 その20 新任監査役の心得(上)−監査役の職務内容の変遷−
2006.05.01
危機管理役員手控帳 その19 独占禁止法違反を防ぐコンプライアンス・プログラム(下)−企業の命取りになる談合・闇カルテル−
2006.04.01
危機管理役員手控帳 その18 独占禁止法違反を防ぐコンプライアンス・プログラム(中)−企業の命取りになる談合・闇カルテル−
2006.03.01
危機管理役員手控帳 その17 独占禁止法違反を防ぐコンプライアンス・プログラム(上)−企業の命取りになる談合・闇カルテル
2006.02.01
危機管理役員手控帳 その16 新会社法による取締役の責任と代表訴訟提起請求に対する監査役の対応(下)
2006.01.01
危機管理役員手控帳 その15 新会社法による取締役の責任と代表訴訟提起請求に対する監査役の対応(中)

MORE

記事に関連する弁護士等の情報

ページTOPへ